2009年06月27日

限界はある。

「同じ失敗を繰り返している。失点は四球絡み。使いたくないけどいねえから仕方ない。オレだって限界はある」

先発のウォーランドがまたまた四球連発の独り相撲。

最近18試合で2勝16敗。総失点は112点で1試合平均6・2失点と先発陣の不調は目を覆わんばかり。

しかも寺原、グリン、マストニー、小林と主力はこぞって2軍調整中ときたもんだ。

「シーレックスの投手が出てくるかどうかだな」

既にプロとして限界にきてますよ、ここは。
posted by sunrain at 11:21| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

監督、野球がしたいです。

「『楽天でやりたい』と言うから、いろいろ嫌みを言ってやったんだ。でもな、職がないっていうやないか。 泣きそうな顔をして頼まれたら断れん。おれは情にもろい。最大の欠点や。会わなきゃ、よかった」。

「一般社会では許されないが、泣きそうな顔で頭を下げられると邪険にはできない。冷酷になれないのがオレの唯一の弱点。」。

出戻りを拒否していた福盛問題ですが、本人が直談判に訪れ謝罪したことでノムさんが急転、軟化。

「今まで個人的な感情でものを言っていた。近いうちにテストをするよ。早ければあす。どんな程度かね」。

テストを行い、そのパフォーマンス次第で支配下登録するか、育成契約にするか決めるということですが、バカ息子の勘当解いてお涙頂戴って実に日本的な三文芝居だよね。
posted by sunrain at 07:16| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

最下位に相応の選手。

6/10、札幌は丸山球場で行われたFightersとBaystarsの平日デーゲームでとんだ陳腐レーが。

問際を起こしたのはBaystarsの先発、ウォーランド。

2回に四球で出した走者を3塁まで進められたものの、ピッチャーゴロに打ち取りさあ3アウト。

と思いきや、おもむろに下手で放ろうとしたボールがあろうことか一塁のはるか手前で1バウンド、2バウンド・・・。

慌てて獲りにいったファーストの佐伯とベースにかけこもうとした打者が交錯。

ぼてぼてのピッチャーゴロなのに自らの悪送球で失点。さらに3回にも3四球で失点というなんとも自滅な失態の数々。

「四球、四球でよく分からん。日本で金を稼ぐ気があるのかどうか。今後の起用法はこれから相談する」

下位にいるチームっていうのは相応の選手が相応のプレーをするもんですな。
posted by sunrain at 14:27| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道を外した男。

 「(球団が)テストさせるとかさせないとか言っていたけど、“いらない”って言ったんや。ああいう人の道を外したヤツは嫌いや。まあ、オレも人の道を外しとるけどな」

球団も監督も慰留したのにメジャーに挑戦し、何も結果を残せず戻ってきた福盛和男がEaglesに復帰するとかしないとかいう話。

これに不満を抱くノムさんが受入れを拒否したんだそうです。

「残ってくれってあれだけ引き留めたのに出て行った。それを今ごろ…。(米田球団)代表にも“選手には優しいんだね。監督には厳しいのに”って言ってやったよ」

「救世主?火付け役やろ。こっちにいた時も、モタモタしながらやっとこさ抑えていた。福盛より、打てる外国人を連れて来いよ」

お互い人の道を踏み外した者同士で話が合うかと思いきや、そうでもなかったようで。
posted by sunrain at 14:08| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

ルンバ返し。


「野村監督様。これもひとえにノムラの考えであります昨年のお言葉のおかげでございます。1年間お預かりしたその言葉を、そっくりそのままお返しします。バッカじゃなかろか…ルンバ♪」。

今季のEaglesとの交流戦を4戦4勝で終えて上機嫌なのがGiantsの伊原ヘッドコーチ。

強烈な皮肉で留飲を下げたわけですが、まあ元々の戦力差を考えたらそこまでせんでも・・・大人げない。

一方の野村監督は「聞くことないやろ、こんな日もしゃべらなあかんのか!」、「向こうの打つ打球はよう飛ぶな。もう少し球場を広くしてもらわないと。うちの時は狭くしてもらってフェンスが動くようにね。そうしてくれないと太刀打ちできない」などとボヤきまくり。

まあ負けてもテレビで過去のイチロー封じを自慢して調子にのったりしてたわけで。

ルンバ返しされても文句はいえんわな。
posted by sunrain at 08:55| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

月刊次期監督ニュース。

今度はなんと、あのワイン大好き江川さんっすか!

うるぐす観ろよ、とそういうことですか!

なんだか毎月、次期監督候補の名が浮かんできている気がするんですけど。何人候補がいれば気が済むんでしょうか。・・・ぜんぶ断られてたりして。

〈カリスマ性と卓越した野球理論〉とか現場を離れてウン十年の解説者にいったい何を期待しているのやら・・・。

いいように遊ばれてるよなあ。
posted by sunrain at 09:16| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

こんなもの。

「こんなもの。そんなにうまくはいかないよ」

引退報道から心機一転。4月18日以来の1軍出場となったBaystarsの仁志。

守備ではうまさをみせましたが、打つ方は3の0とさっぱり。

それでも「チームの雰囲気は沈んでいない。借金が10(以上)もあるチームを、何とかしたい」と意気込んでいるようで。

監督が代わって仁志がどこまでやってくれるのか。

チームの借金は現在11。こんなものじゃこまるんで、なんとかしてやってよ。
posted by sunrain at 09:32| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

関西独立リーグは藪の中。

関西独立リーグ、ケンカ別れ!資金ゼロから再出発


「手元に資金はない。スポンサー収入が当初の想定と2億円ほど違った」

今季新たに開幕したばかりの関西独立リーグが各球団に支払われる予定だった分配金3000万円の未払い問題で苦境に立たされています。

分配金について一度は支払いを確約しておきながら、会見を茶番と評するなど運営会社「ステラ」の中村代表の二転三転する答弁には呆れかえりましたが、各球団も選手をあずかっているわけですから、もう少しなんとかできなかったんでしょうか。

振り込み済みのスポンサー料など資金の流れは不透明なまま。なのに契約書破棄って。

これじゃなし崩しの計画倒産と一緒じゃないですか。

リーグ存続も大事でしょうが、社会的な信用を失ったら元も子もないだろうに。
posted by sunrain at 08:08| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

大矢の交代。

13勝24敗で首位から13ゲーム差。

最下位を定位置にしつつあるBaystarsが交流戦前に大鉈をふるいました。

大矢監督辞任、後任には田代2軍監督が昇格するとのこと。

昨季は48勝94敗2分、勝率.338という涙も流れないほどの惨敗でしたが、若手の台頭もなく・・・というか台頭しそうになったら潰しちゃうというかね。攻守両面でちぐはぐ、そわそわした選手起用も非難を浴びてきました。

17日のDragons戦でも藤江を中継ぎで使って傷口を広げてしまうわ、セカンドで最低のエラーをしやがった山崎を性懲りもなくスタメンで起用したりという最悪の起用ぶり。

どうせ代えるなら2勝プレゼントしてからにして欲しかったな。
posted by sunrain at 13:16| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

挑発しません!

好評だった「交流戦挑発ポスター」を止めちゃうらしい。

表向きは最下位だからってことらしいんですが、経費削減のあおりをくってってのが本当のところ。

あの程度の挑発で文句いってる奴なんかみたことない。

Bsの応援団のハヨヤレコールとか、Tigersのホタルノヒカリとかのほうがよっぽど下劣。

でもってKY占い師が週刊誌に晒されてる件の方がよっぽど下品なんですけど。いつまですきかってやらせる気なんだか。
posted by sunrain at 11:15| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

ミスならミスで。

「審判にミスがあったことを(ファンに)説明してほしかった」

〈1点を追う3回1死一塁、山崎浩はカウント1―2からハーフスイングを取られたが、スコアボードは「1―3」。その後1球ファウルをはさみ、2―3と勘違いしていた一塁走者の大村は6球目にスタートを切ったが、ボールの判定に四球になったと思い込み、走るのをやめたところでタッチアウト〉

スコアボードの表示ミスに、一塁塁審の勘違いを真に受けた大村もどうよって感じなんですが、こういう場合誰がスコアボードの表示間違いを正すんでしょうかね。球審だと思うんですけど、球場行くとけっこう表示ミスってありますよね。その度に直してるかっていったらそうでもないし。この場合は一塁コーチが確認してあげれば良かったんでしょうか。

最大の問題は球審がしどろもどろで責任回避の説明をしやがったこと。

ミスならちゃんと謝れっての。
posted by sunrain at 09:13| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

そわそわ大矢、勝利を逃がす。

かなり暇だったんでセ・リーグを観てたんですけど、いやいやいやBaystrasの負けっぷりには参りましたね。

せっかくルーキーの藤江がチェンジアップを有効に使って6回2/3を6安打1失点の好投をしたのに、その後の継投がうまくいかずに逆転負け。

工藤、高崎、山口という起用の順番は間違いではなかったと思うんですけど、ちょっと交代のタイミングが早かったんじゃないか。

石井を降格させちゃったんで左が那須野と工藤だけにも関わらず、工藤を1ポイントで使って8回アタマから高崎を起用。

この高崎が左の鈴木、松本にヒットと四球で1,2塁としてしまったのが運の尽き。

9回から登板させたかった山口を小笠原にあてて抑えはずの打球がライトの最前列に飛びこむドームランに。

結果論ですけど藤江の初登板初勝利を消した上に、山口まで潰してしまうなら8回も工藤続投で良かったんじゃないか。

早めに手を打ったつもりが、裏目に出る。

大矢監督、あんたそわそわしすぎだっての。

選手の未来のためにも早めに手を打った方が・・・。
posted by sunrain at 07:43| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

球史に残すな。

「球史に残る迷フロントよ 千葉を去れ」

「ファンを侮辱した発言をし、数々の混乱を招いたフロントの本人による説明及び謝罪を求める」

平日の試合終わりで、10分足らず。

それも無言の抗議ですから、やんやいってもしゃあないんですがもうあのフロントにスタンドから何を言っても無駄じゃないですかね。

あの連中はなにかあったら本社に泣きつくだけでファンの前には出てきませんよ。

じゃあどうするか。抗議の相手を〇ッテ本社にするしかないんじゃないか。

そこまで熱意と執着心があれば、ですけど。

しかし、あのフロントを球史になんか残したくないな。球界の恥ですよ、恥。
posted by sunrain at 15:44| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

フランチャイズをかえようか。

「オーナーサイドからはロッテのイメージが悪くなるならフランチャイズをかえたらどうかとの話もある」

「バレンタイン監督をどこで帰すか考える」

2009/04/25, 日本経済新聞


「フランチャイズをかえようか。」

今年最大の暴言がでてまいりました。いやまだ出るかもしれないけど。

発言しやがったのは「球団の最高首脳」なる人物。

日経新聞の記事では特定されていませんでしたが、そのうち週刊誌などで明らかになるんでしょう。

かえようかって?

そうきましたか、痛いとこついているようで、逆に発言した自分が痛かったみたいなこのバカ発言には参りましたね。

出ていきたきゃ出ていけばいいとは思いますけど、それやったら大変なことになりますよ。

〇ッテ商品不買運動どころじゃすまないと思いますけどね。

親会社のお殿様は※田といい、瀬戸者といい、「イメージが悪くなる」糞フロントをいつまで野放しにしておくつもりなんでしょうか。

しっぺかえしを甘く見て欲しくないんですけど。
posted by sunrain at 12:13| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

ファウルボール直撃で全治2か月。

Bsのアレックス・カブレラが23日のLions6回戦(京セラD)の1回裏の攻撃時、三塁走者の際に後藤のファウルボールを右足に受けて右足小指を骨折。

今季のカブレラは打率2割5分、4本塁打、10打点となかなかの活躍をみせていただけに痛恨のファウルボールになっちゃいましたね。

しかし、ファウルボールよけて骨折てw。
posted by sunrain at 07:55| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

メンチ切り。

「残念だね。使いすぎたかなぁ。しっかり治してからですね。(検査結果が出るまで)見通しが立たないのは、心配ですね」

ここまで13試合に出場し、打率1割6分7厘だった大型外人、ケビン・メンチが名古屋市内の病院で腎機能障害の疑い、と診断されて出場選手登録を抹消されたんだとか。

意外と神経こまやかなお人だったようですね。

1億8千万の無打ゼニ外人。

虎のダメ外人列伝に名を残して終わってしまうんでしょうか。
posted by sunrain at 08:45| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

Bs、神戸撤退!

Bsが2011年からスカイマークスタジアムでの主催試合を止めるつもりらしい。

年々、開催試合を減らしてましたし、神戸でやっても旨味がないってことなんでしょうけど親会社の意地汚さというか腹黒さが透けて見えるやり口ですよね。神戸から大阪に徐々にシフトしていったとしても結局はのっとりとなんもかわらんのだから。

神戸は綺麗な天然芝で選手がプレーするうえでは間違いなく最高ランクの球場だと思うんですけどね。

それも助っ人頼みのパワー野球を続けるなら関係なくなっちゃうもんね。

残念な話だね、まったく。
posted by sunrain at 09:56| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊良部が現役復帰?

イラブクラゲ、ヒキガエルなどの異名を持つ伊良部秀輝が、現役復帰を目指しているんだとか。

まあ、頑張ればという程度の関心しかないわけですが、今季中に米独立リーグでの復帰を目指してトレーニングに励んでおり、速球は90マイル(約145キロ)を超えるほどにまで戻ってきているんだそうです。

先発の頭数が足りないところはダメ元でつかってみたらいいんじゃないでしょうか。

でも、ああいうヤツに頼るぐらいならアマチュアの高校生にでも投げてもらった方がよっぽどマシだけどね。
posted by sunrain at 04:43| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

日本で初退場。

3回、竹原のショートゴロを川崎が送球ミス。

ベースから外れたため、一塁の小久保が捕球後、タッチプレーを試みたのですが竹原に触れたところで落球。

でも、判定はアウト。

タッチした後の落球というのが審判の判断。

審判の立ち位置が落球のシーンが見にくい位置にいたこともあって、実際どうなの?という感じではありました。

これに納得のいかないボビーが身振り手振りを交えて烈火の如くアピール。

一度は戻ったもののここが見せ場とばかりに猛抗議を再開して退場。

我が身をさらし者にしてチームにカツを入れるスタンドプレー。

その効果があったのかチームは逆転に成功・・・・したんですがその後はご存じの通り。

打つ手、打つ手がことごとく裏目にでてしまう、この空回り感がイヤ。

取り敢えず、これが最初で最後の退場であることを願ってますよ、ボビー。

posted by sunrain at 06:10| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

頭部への死球は論外。

早川のバット投げが一部の(野球を知らない)人に非難されましたが、もっと危険な頭部への死球を投じた投手がその試合の退場処分だけですむってのはどうしてなんでしょうか。

確かに永井の投じた直球は狙ったと言うよりは単なるすっぽ抜けでしたが、そういう言い訳が通用しないくらい非常に危険なボールでした。

なんといっても、頭めがけて130km/hを超す物体が一直線で飛んでくるわけですから。避けようがない。

「危険球」などという一言では表しきれない恐怖があの一球にはこもっていたわけです。

頭部への死球は残像として残りますし、メットを被っていたとはいえ脳を揺らすだけの衝撃が確実にあります。

バーナムはなんともなさそうに振る舞っていましたけど、どっちが危険かってことを考えればバット投げより頭部への死球の方がよっぽど問題じゃないんでしょうか。

永井と嶋のバッテリーは1回の早川、3回の西岡の打席でも執拗に内角を攻めて死球にしていました。

ああいう攻めをすることじたいが悪いとまではいいませんが、左打者の内角を攻めるだけのコントロールがなかったにも関わらず、内角に投げさせ、あまつさえ頭部にぶつける。論外ですよ。

どうせ退場させるなら、そこに投げさせた捕手も一緒に退場させるべきだし、その試合だけでなく2週間ぐらい出場停止にしたっていいぐらいです。プロとして最も恥ずべき最低のプレーなんですから。

頭部への死球がどんだけ怖ろしいものか判らない人はバッテイングセンターでもいって1球頭にうけてみたらいんじゃないですかね。
posted by sunrain at 10:00| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。