2012年03月17日

新聞屋さん。

高橋由伸外野手(97年、6億5千万円)上原浩治投手(98年、5億円)二岡智宏内野手(98年、5億円)内海哲也投手(03年、2億5千万円)阿部慎之助捕手(00年、10億円)野間口貴彦投手(04年、7億円)。

「清武の乱」に続いて起こったのは読売巨人軍が有望選手獲得のために行なってきた「ぶっ込み(契約金を分割して年俸に上乗せる)」行為の暴露でした。

「最高標準額1億円」という過去の申し合わせ事項におけるモラル違反を問う朝日に対して野球界のルールに反してはいないと反論した讀賣。

どっちもどっちな気がしますし、そりゃいまさらな話でもあるんでしょう。

でも栄養費問題で那須野や一場のように世間の非難を受けた選手がいた一方で、同様の供与を受けながらのうのうと拍手喝采を浴びてきた選手がいたという事実はどうなんですかね?

活躍すればいい。勝てばいい。

勝つためなら申し合わせという建前の裏でお金使うよと。で囲い込んでドラフトも骨抜きにするよと。

それって新聞屋のやることなんですかね?炎天下で高校生に野球やらす新聞屋も大概なんですけどね。
posted by sunrain at 16:23| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

ザ・やきゅう浪人。

「日本ハムの方々に評価してもらったのは光栄だが、それ以上に小さい頃からの夢が強かった。回り道になるかもしれないが、夢に向かって頑張っていきたい」

Fightersから1位指名を受けた東海大の菅野智之が1年間の野球浪人を決めたとのこと。

長野といい、菅野といい。

そんなに読売グループがいいんですか。
posted by sunrain at 09:12| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

清武の乱。

「選手やコーチの基本的人権をないがしろにし、ファンを裏切る暴挙。(私が)愛する巨人軍を、プロ野球を私物化するような行為を許せない」

「(桃井)オーナー兼代表取締役社長を飛び越えて鶴の一声で覆した。会社の内部統制に大きく反する行為。球団はいったい誰のものなのか。やり方を改めてもらいたいし、正しい道に戻したい」

午後2時に重大会見とかいうからニコ動は満員だし、また栄養費でもあったんかよって思っていたら内紛でしたと。

清武さんはナベツネが没落させたGiantsのイメージ回復に努めたわけですが、こういうことやっちゃうと職に留まるのは難しいんちゃうかな。

ナベツネの私物化、不当な鶴の一声なんて今に始まったものじゃないし。でもプロ野球を所管している「文部科学省記者クラブ」で会見っていうのは窮余の一手としてはなかなかのもの。とりあえず会見する前に潰されずにはすんだわけだし。

しかしこれで江川は固辞、岡崎もやりにくいわでファンは誰得?って思っているんじゃないかね。
posted by sunrain at 07:44| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

横浜のノリさん。

「初めてプロでつけた番号が66番。やれるのもあと何年かだと思うので66をひっくり返して99。自分のすべてを出すためにそうしました」

「ランニングと、あとは一人でマシンを相手に数はかなり打ち込めたと思います。バッティングセンターではなく、そういう野球のセンターで硬球でやっていました」

数々の伝説と悪評を持つ浪人スラッガー、中村紀洋の横浜入りが決まりました。

1年契約で年俸は700万〜800万円だそうです。

「まずは有無を言わさず全力疾走してもらいましょうか」とか村田にいわれて、「結果がすべてだと思うんで、足が切れる寸前まで走って、切れちゃったらそこで終わりなんでね。」と答えちゃうあたりさすがはノリさんですよ。

1年目は殊勝な人でいられるらしいんでなんか活躍してくれるんでは。・・・いろいろと。
posted by sunrain at 08:44| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

節電にご協力を。

「開幕はお上(政府)が決めることじゃない。節電に協力しろということでしょう」

「(4月12日への開幕延期など)パ・リーグが先行して色々決めているようだが、そうはいかない。交流戦がいらないなら、いろいろ組み合わせはできるけど」

節電に協力w できんのか?23区内にいるから関係ないとでも?

交流戦がいらないならw まさに巨悪 ほんんっとに情けない。

讀賣があまりにもひど過ぎて、野球そのものがダメになりそうだ。
posted by sunrain at 15:09| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

つぶやきさぎ。

「ちょっと状況がかわった。てかかなり。どうなるのか」

なんておもわせぶりな発言をダルがしたもんだから、暇なメディアが右往左往。

モシカシテ急転、ポスティング→MLB?みたいな展開を予測する記事もでたり、でなかったり。

結局、タネを明かしたら、「昨日呟いた『状況』について。トレーニングの事やねんけど(笑)」

ダルさん、これマジ確信犯じゃ(藁)。
posted by sunrain at 20:45| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

携帯電話会社と同じです

「(交渉の冒頭)1年間の労をねぎらう言葉もなかった。携帯電話会社と同じですよ。新規加入の人には優しくて既存の人はそのまま」

強いし、払いもいいのに何故か契約交渉でもめる球団。

まあ、交渉役に小林をもってくる時点でどうかしてますけどね。

ろくに活躍もしなかったくせにお世話になった球団の悪口はいうわ、もう野球に関わらないと公言しながらちゃっかり球界に舞い戻ってきたり。

そういうヤツが交渉役につくと選手名鑑をパラパラめくったり、レコーダーを設置して弁護士とやりあったりするわけですよ。

・・・・それにしても杉内はけっこう口が過ぎるやっちゃな。

うまいこと言い過ぎだろ。
posted by sunrain at 15:19| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

こんなチームもあったそうな。

「チームとしてどうしたらいいのかを言わせてもらった。ロッテから移籍してきて、ベンチの雰囲気がいいとは感じなかった。球団にはルールづくりをお願いした」

横浜に移籍して2年目を迎える橋本将が契約更改交渉の席でチームの改善点を提言したようです。

「こんなチームもあったのかと感じた。勝てないのだから、変えないといけない」

「試合中にベンチにいる選手が少ない」

「ありえないことが当たり前になっていた」

・・・しかし比較的、自由な雰囲気のあるMarinesにいたタスクから見て「ありえない」チームっていったい。

3年連続90敗は伊達じゃないやね。
posted by sunrain at 09:05| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

大阪元年・・・?

「大阪を中心とした関西の球団としてかわいがってもらえるように、いろいろなところを変えていきたい。実質“大阪元年”かも」

合併球団の「オリックス・バファローズ」が来季からユニホームのデザインやら球団マスコットやらを一新するんだとか。

「ネッピー」と「リプシー」とももうおわかれですか。

ネッピーは海神ネプチューンの息子で、リプシーは海賊の娘っていう設定だったんですね。

・・・んー。なじみがないからか何故かあんまり悲しくはないな。

リプシーのあの美脚を拝めないのはもったいない気がするけども。

もしかしたら、ドアラみたいにまさかのキモキャラブレイクのようなことが!・・まあ、まずないな。
posted by sunrain at 12:39| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とある戦力外のノリヒロさん。

「代打でもいい。育成枠でもいい。どこか、獲って下さい」

「どこか、ないですか? 声をかけてもらえれば、どこでも行きますよ。故障(左足肉離れ)も完治しているんで。阪神(から誘いが)来ませんかね? あの大観衆の前でやってみたいですね」

西宮市内の野球施設「ビーコンパークスタジアム」でトレーニングに励んでいる男がいるんだとか。

代打でもいい。育成枠でもいい。阪神でもw

でもでも、トライアウトには参加しませんよと。

今季は129試合に出場し、打率.266、13本塁打、64打点。

年俸に見合うかどうかはともかくとして、それなりの成績を残しながら慰留の気配皆無の解雇。

理由は「人間性に問題」があるからだとか。

一昔前ならともかく、自分勝手でサボリ癖があってチームの和を乱すような選手を欲しがる球団がありますかねえ。
posted by sunrain at 12:36| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

プロ・リハビラー。

「またマウンドに上がりたいという気持ちは今でも持っている。リハビリ担当としてマウンドに復帰できる自分を探していく」

「いい言葉をかけられる立場にいられたらと思う。引退とは全然思っていない」

2度も沢村賞に輝きながら右肩を痛めて2度手術、約3年間実戦登板がなく、現時点でも実戦復帰のめどがたっていないプロ・リハビラーといえば・・・Hawksの斉藤和巳。

来季からはリハビリ担当コーチを務めながら選手復帰を目指すんだとか・・・いいかげん潮時ってやつなんじゃ。
posted by sunrain at 07:37| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

ハマの悲哀。

「郷土愛刺激を」「一度放り投げて不愉快」 横浜売却交渉打ち切り・識者の見方


横浜ファンの漫画家・やくみつるさんの話 
「あれほどTBSが持ちきれないというのが明らかになったのに、来年1年持つというのはファンとして複雑ですね。ひと安心とはいかない。
テコ入れも補強もできないだろう。選手もこんなところにいていいのか、という気持ちになるのではないか。オーナーが野球好きでたまらないというところに買ってほしい。強くならなくてもファンはいい。郷土愛を刺激してくれる企業がいい。そういう意味で住生活グループは方向が違うかなと感じていた」

スポーツライター・玉木正之さんの話 
「非常に残念だ。親会社には野球を発展させる熱意を持って欲しい。一度経営権を放り投げたTBSがまた球団を持つことは不愉快。
選手もファンも不安で仕方ないだろう。球団経営を圧迫している球場との契約関係も見直さないと何も変わらない。電車1本で横浜スタジアムに行けるから愛着を持っていたが、今は(球団に)横浜にとどまって欲しいとは思わない。県民の大部分もおしりを向けているのではないか。球界全体の問題として5年後、10年後の球団数とフランチャイズのあるべき関係を洗い直すべきだ」

大坪正則・帝京大学経済学部教授 (スポーツビジネス論)の話
「球団経営は非常にリスクが高い。優勝争いをして観客動員数を増やさないと成り立たない。そのためには選手補強をしなければならず先行してお金がいる。社長が予算、GMが補強、監督が指揮、という責任分担が明確であれば修正可能だが、横浜の場合は長年そうなっていなかったことが低迷の一因だ」


やくさんの意見はファンにとっての理想ですよね。ただ、今回の件に関してはファンの側から表立って横浜残留を望む声はでてこなかった。長期の不振と裏金問題が合わさって応援する気持ちが削がれてしまっている。

そこに今回の球団の売却話がきた。

球団の体質が変わり、チームが強くなる千載一遇のチャンスだったんですがね。

横浜を取り巻く「自治体」の手前勝手さや「球場」とのおかしなしがらみまで明らかになって、それでも応援してくれっていえるんでしょうか?
posted by sunrain at 14:47| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

またも暴力コーチ。

「大久保コーチに、不適切な行為があった疑いがあるため、本日付で球団本部長付とし、調査を行っていきます」

Lionsが大久保博元2軍打撃コーチの解任を発表。

同コーチは2008年にも女性への傷害容疑で書類送検されて球団から処分を受けたばかり。

社会常識の欠けた西武だから現場復帰できましたけど、未だに鉄拳制裁が許される環境というのはどうしようもないですね。

球界というか体育会系特有の因習なんでしょうが、そろそろなんとかしないとまずいんじゃないすか。

ま、こんな糞デブを雇ってへらへらしているような球団がファンから見放され潰れたとしてもなんとも思いませんがね。
posted by sunrain at 15:21| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

停滞前線真っただ中。

最近さっぱり話題に上がらなくなった雄星くん。

社会人チームの日本通運との練習試合に先発しましたが3回無安打1失点も、7四死球と乱調。

全65球のうち、38球がボールなうえ、最速は139キロ止まり。

「1軍で投げている姿? 全く想像がつかないね。停滞前線の真っただ中」と潮崎投手コーチからは厳しいお言葉。

左の大型新人といえばGiantsの辻内とかもいましたけど。

3年やって芽が出なかったら環境変えた方が・・・
posted by sunrain at 06:54| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

dでシンデレラ。

「もうモラルの問題。本当に困ってます」

Fightersが今季から一塁側内野席に設置した女性限定の「シンデレラシート」で、テンピュール社製の高級クッションやオペラグラスなどの備品を持ち帰る窃盗行為が発生。被害金額は推定で計5万円相当だとか。

球団側も備品の持ち帰りを禁ずる旨の案内文を配布していたそうですが、なんとも残念な出来事。

でも、お持ち帰りしたくなるほどの使い心地だったのかって言う意味では「テンピュール社」にとってはいい宣伝だな。

とりあえず、持って帰られないように座席にクッション固定しちゃえよ。

サービスと称して写真撮影しとくとかスタッフ常駐さすとか、まあこれも商品管理のひとつだって。

サービス業は日々、こういうイレギュラーとの戦いなんです。
posted by sunrain at 16:46| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

弾丸ネルソン。

「(ドミニカ共和国から来日する際)かばんに入っていた実弾を取り出すのを忘れた」

銃刀法違反なんていうからなんだと思ったら実弾1発。

しかも沖縄から名古屋へ戻る飛行機に乗る際に、エックス線による手荷物検査でみつかったということは、沖縄に入るときは入管が見逃していたってことじゃんね。

「警察の取り調べ段階なので、現時点で(何か)言うべきではないし、言うこともありません」と落合監督は申してますが、昨季は26試合の登板で、1勝3敗1セーブ。

使えないとなったら戦力的にけっこう痛いんじゃないですか。
posted by sunrain at 15:06| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

理論と現実の違い。


尾花さんに監督が代わって投手力の改善が期待されているBaystarsですが、どうも頭と身体は一致しないようで。

打者を想定した投球練習に移った途端にまともにストライクを取れない投手が続出。

これに業を煮やした尾花監督が投球3箇条を掲げて一喝。


〈1〉ど真ん中に投げよ 「ブルペンで四球を出してどうするの。腕を振った球なら甘い球でも打たれない。ど真ん中に3球続けて投げられるようにしないと」

〈2〉配球のコツを覚えよ 「カウントの稼ぎ方を知らなすぎる。外角低め一辺倒は苦しむ原因。狙ってボールでは練習にならない。配球が幼い。ファウルにできる球をつくって、主導権を握らないと」

〈3〉変化球で攻めよ 「(初球の)見え見えの直球ほどバカらしいものはない。変化球でいつでもストライクを取れるようにしないと。ブルペンでできないことは、試合でもできないから」

打者立たせると気後れするというか、当てちゃ遺憾とか余計な気をまわしてるのもあるだろうけど、気遣いしてる余裕はないと思うんだけどねえ。
posted by sunrain at 08:53| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

ステロイド・キング。

「わたしがしたいのは真実を話すこと。(薬物使用を)人生で一番後悔している。最もつらい日だ」

1998年にサミー・ソーサと本塁打王を争い、シーズン70本塁打を記録したマーク・マグワイアがついに現役時代にステロイドを使用していたことを告白しました。

異常なほど筋肉のついた上半身とまるでピンポン球のように飛んでいく打球。

当時からステロイド疑念を持たれていましたが本人は沈黙。

しかし、引退後のげっそりと筋肉のおちた身体を見れば一目瞭然。もはや言い逃れはできないという状況でした。

殿堂入りに4年連続で落選。

ボンズにA・ロッドと次々と強打者がステロイドの使用を認める中、今回カージナルスの打撃コーチとして復帰するにあたってようやく告白するに至りましたが、遅きに失した感は強い。

「自分には本塁打を打つ才能があった。動体視力も。多くの労力を費やしてスイングを磨いた」

果たして、マグワイア薬物なしで70本塁打を打つことが可能だったのか?

本人は「間違いなく打てた。そう信じている」なんていってるようですが。

まあ無理だよな。
posted by sunrain at 16:09| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

まさかの0人。


笑っていいとも!のテレホンショッキングにお呼ばれした田中のマーくん。

恒例の100人アンケートでこんな質問をしてみたんだそうです。

「実際に僕が球場で投げた試合を見に来たことがある人?」



結果はまさかの0人。

こんなもん洒落でやってるんだし、質問の趣旨からしたらオーバーしても空気的にはかえっておいしい感じぐらいなんですけどね。

せっかく来たんだからボタンぐらいおしてやればいいと思うんですが、どうも客がのってくれんかったらしい。

次の友達紹介で嵐の櫻井翔を呼んだときのあの反応の落差ときたら。

生放送ってこわいね。まあ、いいとも!の観覧希望だすヤツなんてあんなもんですよ、田中くん。
posted by sunrain at 15:03| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

飲酒高校生。

「自分の気の緩みと軽率な行動から、多大なご迷惑をおかけすることになり、大変申し訳なく思っております。プロ野球選手になるということの責任、影響力の大きさを改めて自覚し、今後は社会人として恥じない行動を取っていきたいと思います」

ドラフトで指名された沖縄の高校生。

ってでた時点で99%特定されちゃってましたけどね。

よりによって「居酒屋」で飲むかと。それも琉球泡盛3合。仲間と飲んでたらそりゃ会話の内容でバレるって。

「球団の管轄は来年1月から。それまでは学校側の管理下にあり、学校側が処分すると思う。反省の態度がなければ、入団させないことも視野に入れて検討している」

学校側では2週間の停学処分。入団会見も当然、不参加。

「兄としても情けない気持ちです。猛反省をして、気持ちを入れ直して出直してほしい」

入団前でまだ良かったけど、周りに見られてるっていう自覚を持たないとだめだよな。
posted by sunrain at 14:15| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。