2009年06月14日

自打球にも負けず。

右ひざ、左ひざ、右ひざ。

バットを振るたびに打球が当たる。どこに?自分に。

虎のブラゼルが3度連続で自打球を当てて悶絶。

のたうちまわり苦しむ姿に何故かファンからは笑い声が。

ただ、これで終わらないのがブラゼルの凄いところ。

晋吾の投じた6球目のアウトハイへのストレートを右中間へホームラン。

打った瞬間、また足の痛みに耐えかねて倒れそうになった姿に思わず萌えましたよ。

「(ひざは)両方とも痛いけど問題ない。チェックに行くだけだ」。

両ひざ部打撲でもフルスイング。

借金8と低迷するダメ虎にあってただ一人、ファンの喝采を浴びたブラゼルさんでした。
posted by sunrain at 17:26| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

“悪球打ち”の中村。

「無我夢中で何も考えなかった。クソボールなり何なり、何でも食らいついていこうと。今度からはストライクゾーンをちゃんと打てるように、頑張ります!!」

Eaglesの中村真人が2−2の同点に追いつき、なおも1死満塁のチャンスという場面で得意の“悪球打ち”を披露。

地面スレスレのボール球を捉えると見事、打球はセンター前へ。

「トイレから帰ったら、天才バッティングをしていた。すごいよな。ワンバウンドだぜ、横から見たら。とても我々にはできない」と野村監督も驚く決勝打となりました。

中村といえば5月20日のSwallows戦でも外角高めのクソボール球をはじき返して犠牲フライで先制点をもぎとっていましたが、いやそれにしても良く打てるもんですよね。

“悪球打ち”といえば敬遠球を打ってサヨナラタイムリーにした新庄とか駒田とか割合、リーチの長いバッターが多い印象があるんですが、中村真人の身長は176cmですからプロ野球選手としては低いぐらい。野球をやってるうちに身に付いた癖というか能力なのかも知れません。

バットを振ればストライク、バットにあててもストライク。ストライクゾーンなんて人それぞれ。“悪球打ち”もプロの技ってね。
posted by sunrain at 06:52| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

遅咲きの天才打者。

隠れ首位打者だった草野大輔が晴れて表舞台に。打率は.4017。

29歳、ドラフト8巡目での入団から4年。

「あまり深く考えているわけじゃないよ」というように読みではなく身体が反応するにまかせた感性のバッティングは野村監督から「天才」と称されるほど。いくぶん揶揄も含まれているこの評価も、難しいボールでもごく自然と対応できるバットコントロールを観れば一目瞭然。

今季は球団記録となる21試合連続安打をマークするなどついにブレイク。

今季のパシフィックの首位打者争いは33歳の草野を筆頭に34歳の金子誠(.352)、35歳の井口資仁(.356)といったベテラン勢が大いに盛り上げてくれそうです。
posted by sunrain at 09:37| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

小坂、宮城に錦を飾る。

「仙台の人たちの前でお立ち台に立てるのは幸せなこと」

「当時の宮城球場でプレーするのは、僕たちの1つの目標でもあった。外野も芝ですし、外野スタンドが異様に広く感じたのを覚えている」

Eaglesに移籍した小坂誠が先制の2点タイムリーを放ち勝利に貢献。

柴田高、そしてJR東日本東北時代に活躍した故郷・宮城球場に錦を飾りました。

ここ数年は打撃面での活躍があまりなかっただけに喜びもひとしおでしょうね。

「大きなことはできないけど、コツコツとやってファンの方と喜びを分かち合いたい」

小さな事からコツコツと。

巧の守備は今も健在だし、これからも活躍を願ってますよ。
posted by sunrain at 18:13| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

40歳にしてルーキー。

「とりあえずほっとした。0点に抑えられたので100点満点をあげていいと思う」

New York Metsの高橋建が2―4の3回一死満塁というしんどい場面で2番手として登板。

2回2/3を投げ、1安打1奪三振1四球で無失点に抑えるという上々のメジャーデビューを遂げました。

初球に投じた外角に逃げるシュートで注文取りの併殺打に打ち取ったわけですが、実はその際に打球をみぞおちに受けていたんだとか。

メジャーはパワーがあるから打球が当たるとひやっとしますが、本人はいたって元気なご様子。

「与えられたところで一生懸命やる。これからもそういう投球をする」

40歳のオールドルーキー。

味のある投球でこれからも活躍していって欲しいですね。
posted by sunrain at 12:41| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

ダルと涌井の名勝負。

「ナイスピッチングって思ったので…。お互いがしっかりと引っ張り合うことができた。勝ち負けはつかなかったけれど、別にそれはどうでもよかった。涌井が踏ん張っていたから、自分も踏ん張れた」(ダルビッシュ)

「ダルとの投げ合いは楽しくもあり、しんどくもありました。でも、向こうは9回を投げきった。こっちは結果として試合に勝ったけれど、自分は勝った気がしない。次こそですね」(涌井)

ダルと涌井。

今季2度目、通算5度目のエース対決はダルビッシュ132球、涌井137球という力のこもった名勝負となりました。

こういう勝ち負けを超越した目から火花が飛びちるような試合をもっと見せて欲しいですよね。
posted by sunrain at 12:19| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

月見草と1500勝。

「満員のお客さんの中で偶然とはいえ、こういう節目の記録と遭遇した。晩年になって運が向いてきたのかな。ウイニングボール?どうしようかな。しばらく監督室に置いとくわ」

野村克也監督が史上5人目となる監督通算1500勝を達成。

「(報道陣が)少ないな。人数を見れば大した記録じゃないってのが分かる」と相変わらずの憎まれ口を叩いていましたが、田中の好投で勝利をつかみ、岩隈から花束を受け取ると満面の笑み。

「田中にはありがとうと言った。岩隈には花束をもらったついでに気合入れといた。これから頑張れよってな。通算記録だからね、優勝の瞬間のそういうウイニングボールはもらったことがあるけど、それとは全然、味が違う」

リーグ優勝4度、日本一3度。

輝かしい実績の陰で常に弱小チームの建て直しを求められてきた月見草。

弱者が勝つにはどうすべきか。

自ら憎まれ役を買い、マスコミの注目を集めることでチームをそして球団を管理下におく。

独特の手腕は有象無象の集まる球界においても希有な存在であり続けています。

ひまわりのかげに隠れてきた月見草はEaglesで大輪の花を咲かすことができるんでしょうか。
posted by sunrain at 17:00| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

450号、451号、452号。

「(450本塁打を)もちろん“達成した”という気持ちはあるが、それよりもチームが勝ったことの方がうれしいよ」。

Bsのタフィ・ローズが26日のFighters戦で450号、451号、452号となるホームラン3連発を放ち、外国人初、歴代2位のスピードで通算450号を達成。また本塁打を打った投手数がのべ225人となり、日本記録を更新しました。

「450号とか何千安打という記録どころか、まさか13年も日本でやるなんて考えたこともなかった」。

27歳での来日から13年。結果がでなければあっというまに解雇される外国人という立場でいながら、これだけの記録を残したことは大いに評価されてしかるべきでしょうね。

打率も・441でリーグトップという絶好調の秘けつは「自分を40歳だと思わないこと」だそうです。

年齢を理由にしちゃいけないんだね。
posted by sunrain at 11:21| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

3086安打。

「単純に、張本さんが頂から見ていた景色がどんなものかを感じてみたかった。今日、あのヒットで頂に登ったんですが、すごく晴れやかでいい景色だった」

復帰戦でいきなり2安打。

しかも3085安打目は満塁本塁打で決めるという度派手な活躍を見せたイチローが新記録の重圧もなんのその、第2打席にあっさりとライトへはじき返して日本選手最多安打を達成しました。

「張本さんが明日帰っちゃうと聞いていたので、やらなきゃいけないプレッシャーがあった。1995年の春に、自分の記録を抜くのはおまえしかいないと張本さんに言われたことを思い出した。このシアトルの地で、張本さんの目の前で達成できてうれしく思う」

イチローはやはり「持っている」選手なんでしょうね。単純にもう凄いとしかいいようがない。

しかし、ハリーさんはそんなに早く帰らんでもいいのにね。
posted by sunrain at 19:15| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

不滅の迷記録。

「長い間やっていればいろんな記録ができる。新記録続行中だろ。不滅の記録を残す。悪い記録はオレに任せろ。でも借金7(勝利は1493)か?頑張っている方じゃん」

初回の無死満塁という絶好機を逃してLionsに競り負けたEaglesの野村監督。

この敗戦で記念すべき1500敗に到達。

南海のプレーイングマネジャーとして初采配を振るってから足かけ40年。

南海、ヤクルト、阪神、楽天と4チームとも最下位のチームでやってきた不滅の記録。

しんどい監督業をこれだけ長く続けられるだけでもたいした人物ですよ。ノムさんは。
posted by sunrain at 07:00| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

球神イチロー。

延長10回、2アウト一、三塁。

2球目に岩村が盗塁を決めて、二、三塁。

敬遠もありえるところでしたが韓国バッテリーは勝負を選択。

イチローもボールくさい球にもくらいついていって8球目。

真ん中のシンカーをセンター前にはじき返して2者生還。

韓国もイチローを打ち取って勢いをつけたかったんでしょうけど、あそこで打てる球を呼び込むのがイチローのイチローたる由縁じゃないですかね。

「苦しいところから始まって、それがつらさになって、次には心の痛みが来て、でも最終的に笑顔になれて、最高です!(10回のチャンスでは)僕は(何かを)持ってますね。神が降りてきましたよ。ここで打てれば…とか、心の中で実況しながら打席に立った。そういう時って、あまりいい結果が出ないんですけどね。でも、これで壁をひとつ越えたような気がする。今回は谷ばっかりだったけど、最後に(山に)登れてよかった。(場内を1周して)気分よかった。球場のファン、日本で応援してくれた人、すべての人に感謝したい」

当然、国民栄誉賞という声もでるでしょうが、そういうのを超えた存在になったんじゃないでしょうか。
posted by sunrain at 17:02| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタベン。

「緊迫した試合でとにかく必死でした。東京ラウンドからベンチでも試合に出てた。だから特にスタメンの意識はない。やる前から負けるわけにはいかない。自分を奮い立たせていた」

初の先発メンバーとして出場したアメリカ戦で2安打3得点と活躍した川崎宗則。

控えに廻りながらベンチでは率先してムードメーカーを務めるなど確かに「ベンチでも試合に出て」いましたよね。

こういう選手がいると心強い。

ムネリンは男を上げましたよ。
posted by sunrain at 11:15| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

代打で惜別。

「練習もしていなかったし、打った自分が一番びっくりした。またやりたくなりました。打席に立ったときのファンの声援は一生忘れない」

昨季限りで現役を引退した鈴木尚典が代打で惜別ホームランを放ちました。

横浜一筋18年。通算1456安打。

落合さんに3冠とか焚きつけられなかったら2000安打も十分可能だったと思うんですけどね。

「横浜高の3年をあわせて21年間お世話になった横浜が大好きです。これからはチームが強くなるために自分より凄い選手を送り出したい」

今後は2軍育成コーチとしてハマの次世代を担う新たなスターを育てて欲しいものです。

クルーンの粋なアドバイスもあってのホームランだそうですが、それは言わぬが華ってやつで。
posted by sunrain at 09:46| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

素敵な仲間。

「第3打席のバントの失敗でほぼ折れかけていた心がさらに折れた。ほぼ折れかけていた心をギリギリでつなぎ止めた。きょうの結果は天国行きか地獄行きかを決める試合。天国に行けて良かった。流れをくい止めていたのは完全に僕だった。本当に支えてくれて、ありがとうと思った。チームメートがつないでくれるというのはすてき」

不調からなかなか抜け出せなかったイチローが復活の2安打。

特に9回のセンターオーバーの3ベースはイメージ通りの会心の一撃でした。

「4打席目は流れ的に厳しい状況だなと感じながらのヒットだっただけに大きいと言えます。あの打席からようやくジャパンのユニホームを着たという感じでした」

「チームに貢献するっていうのは僕がヒットを打って得点することだと、あらためて思った」

折れかけていた心を支えてくれたチームメート、一貫して起用し続けた監督に向けた感謝の言葉。

重圧を乗り越えて。

いよいよイチローの大爆発が観られそうです。
posted by sunrain at 08:48| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

素晴らしきオランダ、魂の勝利。

「うちが2度負けるということだけでなく、オランダが(プエルトリコ戦も含め)素晴らしい試合を3度するとは想像できなかった」

オランダがドミニカを延長逆転で破って2次ラウンド進出を決めました。

MLBのスターが居並ぶドミニカ打線を相手に再三のピンチを招きましたが堅い守備と継投で切り抜け延長へ突入。

11回にミスから先制を許すも、その裏にキングサールのタイムリーで追いつくと最後はファースト強襲の打球をアイバーがそらして走者が生還。奇跡的な逆転勝利を飾りました。

ドミニカは上原の奪三振記録を塗り替える快投をみせたヒメネスにP・マルティネスら投手陣は好投しましたが打者は調整不足のせいか個々の調子にばらつきがありすぎましたね。

それ以上にドミニカに対して臆することなく立ち向かったオランダのチームスピリットが素晴らしい。感動的なゲームでした。
posted by sunrain at 18:52| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

日本で最後?

「負けという事実が腹立ちます。僕にとって日本での最後のゲームでしたし、自分にも腹が立ってます」

どうやらイチローにとって今回のWBCが日本での最後のプレーになりそうです。

35歳という年齢からしても4年後のWBCはないでしょうし、日本球界への現役での復帰もないという宣言みたいなもの。

「前回とはホントここまで変わるかという変わりようですよね。観ている人たちにこの大会を育てようという気があるのかどうかはわからないけど、日本においては育ちつつある形になっている。だからこそ、聞く人たち(マスコミ)にしっかりと聞いてほしいと思います」

聞く人たち(マスコミ)にむけて考えさせるような言葉を敢えて使ってみたり、注目を集めさせて批判を一身に背負い込んだりとWBCに懸ける並々ならぬ思いを言動の1つ1つにこめてきたイチロー。

アメリカでの2次ラウンドではいったいどのようなパフォーマンスをみせてくれるんでしょうか。
posted by sunrain at 17:29| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

犠飛犠飛犠飛犠飛。

オーストラリア代表との強化試合は10安打で8得点と効率良く加点して8−2で勝利。

相手がアマチュア主体とはいえ、強振強打で振り回すのではなく、こつこつ進めてぽーんと犠飛。

これで4得点。

「走者が三塁にいたから。外野フライは反対方向が基本。それができたということですよ」とは9番に座る岩村の談。

ホームラン4本打つより、犠飛4つ飛ばすほうがどう考えても確実。

確実な勝利。フォアザチーム。これが日本の野球ってもんでしょ。
posted by sunrain at 15:50| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

番長・清原スペシャル。

ジャンクSPORTSで球界の番長・清原スペシャルが放送されました。

数々の名場面、珍エピソード、伝説を本人とともに振り返る内容。

そんななかで清原さんが自ら選んだ名場面ベスト3をご紹介。

◇94年の開幕戦。対バファローズ。

新人の野茂が8回までノーヒットノーラン、それを打ち砕いたタイムリーツーベースの場面。
フォークを投げず直球で勝負にきた野茂に驚愕。

◇02年の日本シリーズ。対ライオンズ。

松坂からレフトの看板を越える特大ホームランを放つ。

◇06年の交流戦。対ベイスターズ。

クルーンからサヨナラ満塁ホームランを放つ。

破格にして規格外。怪物で番長。こんな豪快な選手はもうでてこんのでしょうな。
posted by sunrain at 19:39| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

田中良平、オリオールズとマイナー契約。

「びっくりしました。聞いた時は涙が出ました」

戦力外通告を受けた田中良平がアメリカに渡り、MLBのトライアウトを受けること3度。

ついにオリオールズとマイナー契約を結ぶことに成功しました。

「何もないところからのスタート。もちろん、行き着く先はメジャーです。また野球ができる。それがうれしい。これからが大事です」

メジャーに昇格した場合、年俸が40万ドル(約3600万円)になるスプリット契約。

ぜひ、アメリカで再起を。頑張れ良平。
posted by sunrain at 21:56| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

訃報:山内一弘さん。

「シュート打ちの名人」、「打撃の職人」と呼ばれた山内一弘氏が2日午後7時26分、肝不全のため76歳でお亡くなりになられました。

プロ19年間の通算成績は2235試合で打率2割9分5厘、2271安打、396本塁打、1286打点。首位打者1度、本塁打王2度、打点王4度。現役引退後はロッテ(79〜81年)、中日(84〜86年)の監督を歴任。コーチとして巨人(71〜74年、87〜89年)、阪神(75〜77年、95年)、オリックス(91〜93年)、ヤクルト(96年)で指導にあたり、多くの選手を育て上げました。

なおMarinesでは1軍・2軍の両キャンプ地にて練習前に黙とうを行い、哀悼の意をささげました。


山内一弘氏死去・談話

「山さんを悼む」〜担当記者回顧録

posted by sunrain at 14:47| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。