2012年03月30日

[訃報]榎本喜八氏、逝去す。

オリオンズの“安打製造機”、榎本喜八さんがお亡くなりになりました。

1955年、毎日オリオンズにテスト入団で入るといきなり新人王を獲得。山内一弘・田宮謙次郎・葛城隆雄らと共に「大毎ミサイル打線」の一翼を担い、首位打者:2回(1960年、1966年)、最高出塁率:1回(1966年)、最多安打:4回(1960年 - 1962年、1966年)、ベストナイン:9回(1956年、1959年 - 1964年、1966年、1968年)に輝くなど活躍。

通算成績は2222試合で打率2割9分8厘、2314安打、246本塁打、979打点、OPS.847。

「臍下丹田でボールをとらえる」など打撃をとことんまで突き詰める求道者的な姿勢は多くの選手、ファンに鮮烈な印象を与えました。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。






posted by sunrain at 07:41| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

イチロー凱旋。

「特別な日になった。格好はついたかなという感じですね」

「アメリカでの開幕とは違う種類の緊張感。恐ろしい緊張感だった。一生で2試合、ここでやることはない。その瞬間を刻みたいという思いだった」

いきなり4安打1打点。

いつもより早い開幕だってのになにこの天才っぷり。

観るつもりはあんまなかったんですけどイチローが打席に入ったときだけは食い入るように魅入ってしまいました。

イチローにはスタンディングオベーションがよく似合いますね。
posted by sunrain at 11:11| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

オレ竜、セントラルを連覇。

「選手には褒められたければ『オレを超える成績を残してみろ』と言ってきた。勝つことに関しては、想像を超えるところで試合をやってくれた。今日だけはオレは褒めてやる。お前ら、大したもんだ。本当にありがとう」。

今季限りでの退団が決まってから驚異の勝ちっぷりで落合監督率いるDragonsが球団史上初の連覇となる2年連続9度目のセ・リーグ制覇を決めました。

谷繁を中心としたバッテリー力の強さ、経験。引き分けで優勝をきめるあたり、つまらないと言われながらも勝ってみせる。オレ竜野球の真骨頂がでたかなと。

「“おまえらは球団のために戦うんじゃない。自分の生活のために戦うんだ。自分を守るのは自分”ってな。“監督はチームを勝たすために契約してるんだから、勝ち負けの責任は取る。でも、成績の良い、悪いは自分の責任だ。責任転嫁するなよ。契約社会ってのはそういうもんだ。一生野球やれると思うな”と。その意味がやっと分かったんじゃないか」

「選手に負ける悔しさと、勝つ喜びを両方味わってもらえたってのが一番。負ける悔しさも嫌ってほど味わってもらった。でも、勝たなきゃ悔しさは出てこないんだ。8年のうち4回優勝したけど、4回は逃した。その悔しさがあるから、喜びは倍増する。喜びがあるからこそ悔しさも分かる。ウチは両方味わっているから。これは彼らの将来にとって物凄くプラスになる。指導者になったにしてもな」

現場は結果を出すのが仕事。落合監督はまぎれもない名将ですよ。
posted by sunrain at 16:38| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

伊良部、死す。

伊良部秀輝さんがお亡くなりになりました。享年42歳。

香川の尽誠学園から1987年のドラフト1位指名でオリオンズ入団。

「伊良部クラゲ」の異名をつけられるなど球界最速の男として活躍。清原との名勝負は今でも語り草になるほど。

最多勝利投手:1回(1994年)、 最多奪三振:2回(1994年、1995年)、 最優秀防御率:2回(1995年、1996年)、 ベストナイン:2回(1994年、1995年)。

1996年オフにメジャー移籍希望を表明。一時はパドレスに決まりかけたがすったもんだあってヤンキースへ。

3年間で29勝を挙げるなど活躍したが降板時にツバを吐いたことが問題視され、マスコミの嫌われ者に。

2002年のオフに日本復帰し、Tigersに入団。2005年にいったん引退も2009年にアメリカの独立リーグで現役復帰、四国・九州アイランドリーグでぷれーするも故障で2度目の引退を表明。

素材はクレメンス級、でもメンタルが伴わなかった。それでも日米通算で106勝。

人間的に難しいところのある人で、毀誉褒貶も激しいわけですが、なにはともあれおつかれさまでした。合掌。
posted by sunrain at 08:33| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

開幕延期を。

「ボールを投げてバットを振り回している場合じゃない。日本の危機」

「やろうと思うから結論が難しくなる。やめて、新しくスケジュールを組み替えるという方が前向きだ」

「間違いなく試合数は減るだろうが(開幕を)2、3週間遅らせてもいい」

「遅らせてもやむを得ない。(選手も)体調を整える以外に、精神的に不安を抱えている部分も多い。そういったことも考慮して。いずれにしても決定に従う」

野球どころじゃない。本当にそう思います。

せめてパシフィックは開幕を延期してほしい。

被災地での復旧・救援活動に全力をかけられるように日本全体で取り組んでいただきたいものです。
posted by sunrain at 06:48| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

ジャイロカッター。

春のキャンプでワンシームを修得したばかりのダルビッシュがオールスターでまたしても新球を披露。

その名も「ジャイロカッター」。

直球の握りをわずかにズラし、リリースポイントで押し出して横回転をつけると「アンダースローのように浮く」というから驚きだ。

「右打者はチェンジアップのような反応をしていた。普通はバットがボールの上を振るが、下を振っていた」。

これでダルの投げられる球種は実に13。

・・・もう無敵でしょ。


(1)直球(2)縦のスライダー(3)横のスライダー(4)120キロ台の高速カーブ(5)110キロ台の縦に割れるカーブ(6)100キロ台の曲がりの大きいカーブ(7)140キロ台の高速チェンジアップ(8)130キロ台のチェンジアップ(8)フォーク(9)ツーシーム(10)ワンシーム(11)シンカー(12)カット(13)ジャイロカット
posted by sunrain at 15:26| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

仁志、完全燃焼の引退。

「最後まで今季を全うしたかったけど、いろいろとやりながら年齢的なことを感じ、野球をやることのつらさも感じていた。今年一年は、いつやめてもいいと思ってやってきた」

「年なんだよ。悪い動きをカバーするのに、例えば若いときならスピードとかあるけど、今はスピードもない。今後の向上はあり得ないから」

「あいつらと野球をやるのは楽しかった。短かったけど、内容が濃くて、この期間だけで十分なものが詰まっていた」

米独立リーグ、アトランティック・リーグのランカスターに所属していた仁志敏久が引退を発表。

ランカスターでは31試合に出場、打率・208、3打点、1本塁打。

念願だったアメリカに渡って、好きなだけ野球に打ち込んでついに体力の限界。

「完全燃焼。何の悔いもなく、けじめをつけられた」。

15年間、おつかれさまでした。
posted by sunrain at 12:41| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

ナックル・プリンセス

「きょうはナックルで自分の満足いく腕の振りができなかった。投げたことで課題が見つかったので良かった」

カリフォルニア州チコを本拠とする独立リーグ・アウトローズに移籍したナックル少女、吉田えりが初登板。

先発で3回を本塁打を含む5安打4失点と投げる方では活躍できませんでしたが、第1打席で90マイル(約145キロ)近い直球をライト前にはじき返して初安打初打点を記録。

155cmと一際、小柄な女性選手が大男のなかに混じって活躍する。

なかなか痛快な話じゃないですか。
posted by sunrain at 13:31| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

5847日ぶり国内2勝目。

「いずれは日本と考えていた。大きな希望を持って横浜でプレーすると決めた」。

Baystarsに復帰した大家友和がSwallows戦で先発し、6回1/3を1失点。

94年4月29日以来の日本2勝目。

マイナースタートから這い上がってMLBでは通算51勝。今季はメキシカンリーグに渡るも自由契約。

思いがけない古巣からの復帰要請に快投で応えてみせた34歳。

いやあBaystars、プレーオフいけるんじゃない?
posted by sunrain at 08:50| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

勝つための決断。

「勝つための手段で、『僕は外れます』と伝えた」

「出てくれへんかと言ったが、『いてもチームに迷惑がかかるし、特にピッチャーに』と言っていた。もう少し頑張ろうと説得したが、『チームが勝つためには、自分を外してくれ』と言ってくれた」

前日の試合でボールを地面にたたきつける送球ミス。

右肩痛の影響でホームどころか、中継にも届かないプロらしからぬ送球をしてしまった金本がついにスターティングメンバーから外れました。

連続試合全イニング出場は1492試合。

あのカル・リプケン(903試合)の記録を大きく塗り替え、骨折や打撲、頭部への死球などの苦難の末にうち立てた不滅の記録。

しかし、今季はここまで打率は164と低迷。

打点こそ12と勝負強さを発揮しているものの、本来のものとはほど遠い成績にとどまっていました。

「選手は記録のためではなく、チームの勝利、ファンの期待に応えるためにやっている。野球人としては正しいジャッジをしたのではないかと思う」という王さんの言葉が重いですね。今回で記録は途絶えましたが、プロである以上チームの勝利が一番。

正しい決断だったと思います。
posted by sunrain at 15:33| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

16年ぶりのサヨナラ打。

「初球は、ああいう速い投手をオープン戦から見ていなかったので、適当に破れかぶれで振りました」

「(2球目の)フォークもオープン戦で見てなかったので変な空振りになって。開き直りました。バットが当たるところに(フォークが)落ちてくれた」

浅尾の投じた初球、151キロの内角低めのボール球を強振してファウル、2球目は142キロの外角フォークに空振り。

そして3球目、139キロのフォークにしぶとくくらいつくと打球はセンター前へ。

サヨナラ打は94年6月9日の阪神戦以来16年ぶり4度目。

「ケガばかりしていたけど、この場に帰って来られてうれしい」。

慢性的な故障で昨季は出場機会なし。それでも野村新監督の信頼は厚く、9回1死満塁の場面で起用された。

「自分が与えてもらった場所があるので、結果はどうであれ、しっかり準備して戦っていきたい。チームはまだ借金がありますが、少しずつ返していきたい」

代打の切り札。38歳、男、前田、やってくれます。やるんです。
posted by sunrain at 14:25| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

ナックル少女、アメリカへ行く。


「甘い世界ではないし、1日1日が勝負。でも米国という素敵な環境で野球ができることが凄くうれしい。やるからには(将来的に)メジャーにも挑戦してみたい」と

米独立リーグ、ゴールデンベースボールリーグのチコ・アウトローズと契約したナックル少女・吉田えりが入団会見。

通用する、しないはともかくこうやって夢を追いかけられるっていうのは凄いことですよね。

背番号は「3」。

アメリカで夢を叶えられるよう、応援してあげたいものです。

吉田えりオフィシャルブログ

posted by sunrain at 13:14| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

祈り届かず。

くも膜下出血で入院していた巨人の木村拓也内野守備走塁コーチが7日未明、広島市の広島大病院で亡くなりました。

享年37歳。

宮崎南高から90年ドラフト外でFightersに入団。95年にCarp、06年途中にGiantsへ移籍しました。投手以外の全ポジションをこなすユーティリティープレーヤーとして活躍。

通算成績は1523試合に出場し、打率2割6分2厘、53本塁打、280打点。

引退してコーチ1年目。これからという矢先に・・・本当に残念でなりません。
posted by sunrain at 13:29| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

木村コーチ、ノック中に意識不明。

2日午後5時30分頃、Giantsの木村拓也内野守備走塁コーチが練習中に突然、昏倒。

そのまま広島市内の病院に緊急搬送され、「くも膜下出血」と診断。緊急入院することになりました。

診断された病名は「くも膜下出血」。

容体は意識不明の重体。

試合前のシートノック中の突然の出来事でした。

対戦相手のCarp出身ということもあり、ご家族、両チームの選手、監督、ファンにとっては心痛、いかばかりでありましょうか。

試合をやるという気持ちにはなかなかなれないでしょうが、木村さんに元気を与えられるよう、選手にはいいプレーを見せていただきたいですね。
posted by sunrain at 16:03| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

魔球「ワンシーム」

昨夜のニュース番組でもとりあげられていましたが、ダルビッシュが新球をマスターしたようです。

その名も「ワンシーム」。

1本の縫い目(シーム)に右手人さし指、中指を挟むようにして掛けて投げるボールで140キロ前後の高速で打者へ向かい、低めのボールは突如沈み、高めのボールは手元で伸びるんだとか。

メジャーでもハドソン、レスターら数人しか使えない魔球をあっさりマスターするとは、おそるべし!。

まったく、ただでさえ打つのが難しい投手だってのに・・・

posted by sunrain at 12:58| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

反骨のサイドスロー、急逝す。

Giants、そしてTigersでエース。

現在はFightersの1軍投手コーチを務めていた小林繁さんが心不全で亡くなりました。享年57歳。

Giantsで76、77年に18勝。78年には13勝。

3年間で49勝をあげエース投手として活躍していたにも関わらず、79年。

いわゆる「空白の1日」事件によって江川と電撃トレード。

激しい衝撃を受けながらも、トレードしたその年にGiants戦8連勝を含む22勝を挙げて2度目の沢村賞に。

通算成績は374試合で139勝95敗17セーブ、防御率3・18。

細身の身体から全身を使って全力投球。気持ちで投げる大投手でしたね。

ご冥福をお祈り申し上げます。
posted by sunrain at 17:08| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

ランディ・ジョンソン現役引退。

「今が辞め時。私の決断に揺るぎはない。自分はまだ投げられると信じているし、闘争心だってある。しかし自分が自分の体に求めるものはとても高い。(晩年は故障に苦しみ)シーズンが終わってホッとした。自分と家族のためにも健康でいたいと思った」

MLBでサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を5度獲得。

2m8cmの長身から、160km/h超のストレート(フォーシーム)と2種類のスライダー、スプリッターを投げ分け、「ビッグユニット」の愛称で親しまれた大投手、ランディ・ジョンソンが現役引退を表明。

通算303勝166敗。通算4875奪三振は歴代2位。最優秀防御率4回、最多奪三振9回。

ノーヒットノーラン2度、うち1度は40歳8カ月で達成した完全試合。

まあとにかく凄いとしかいいようがありませんよ。

あの剛速球にあのリーチの長さ。昔は超ノーコンで死球数も半端無かった。

ロケット、ライアンと並んでMLBの生ける伝説でした。

・・・日本でやったりはしてくれんのですかね。
posted by sunrain at 14:46| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

赤い彗星、早すぎる引退。

「今度やってしまったら最悪、命にかかわる可能性もある。100%のプレーができないならプロとして身を引くべきと考えた」

9月12日の横浜戦(甲子園)でダイビングキャッチを試み負傷。

一人では立ち上がれないほどの重傷でしたが、まさかあれが最後のプレーになってしまうとは。

「今でも夢にあのシーンが何回も出てくる。正直、僕は後悔してない。打った内川は太ももの状態が良くなかった。強い打球はないと考えて(右中間に)寄ってたけど、もっと寄ってたら、捕れればよかったのにとは思うけど」。

赤星憲広。

通算成績は1127試合で打率・295、381盗塁。

小柄で非力なためプロとは縁遠い選手とされていましたが、当時の野村監督に足の速さを見込まれドラフト4位入団。

2001年から2005年まで5年連続で盗塁王、ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞6度。

33歳。

あまりにも早すぎる引退になってしまいましたね、残念でなりません。
posted by sunrain at 15:51| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

秀喜、シリーズMVPに輝く!

「最高です。この日のために頑張ってきた。もっとも大きな目標だった。何と言ったらいいのか…。(MVPは)何か、夢みたい。ここまで長かった。僕が来るまで毎年のようにワールドシリーズに出て、チャンピオンにもなっていたから。どんな時もいいプレーをしたいと思っていた。決してつらいことはなかった。」


ワールドシリーズ第6戦に5番・DHで出場した松井秀喜が先制2ランを含む3安打6打点の大活躍。

ヤンキースをチャンピオンに導き、シリーズ最優秀選手に選ばれました。

3,4,5戦はDH制がないため、代打での出場にとどまりましたがそれでも13打数8安打で打率6割1分5厘、3本塁打、8打点。

全ての打席で集中力を切らさない松井の存在感は際だっていましたね。

ヤンキースに加入してから7年、「世界一」を義務づけられたチームがどうしても届かなかった栄冠を自らの力で掴みとる。

故障からの復帰、限界説、放出論など周囲の雑音も凄まじかったはずですが、MVPの獲得でその全てが報われたんじゃないでしょうか。
posted by sunrain at 18:40| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

野球屋冥利。

「嫌だなと思った。照れくさいやろ。こんな胴上げ初めてだからさ。山崎がヤイヤイと音頭を取っていたな。“重いぞ”って言ったら“分かってます”ってさ。でも、これだけねぎらってもらって、野球屋冥利(みょうり)に尽きる。胸にグッときた」。

先発した藤原が2回4失点。

追い上げても追い上げても追いつけず8回には岩隈が登板するもスレッジにとどめの一撃。

まあ、Eaglesは野球をやりきりましたよね。

「備えを重視するのが野村野球。実際には10のうち1、2しか役に立たなくても、10の準備をする」

クイック投法、投手分業制、ID野球・・・・。

弱者が強者に勝つための手法を考案し、球界に「ノムラの考え」を浸透させた。

「わがまま言わせてもらえば、もう1年やらせてもらいたかった。石の上にも3年、風雪5年。中途半端に辞めていくのが心残り。晴れ晴れしい気持ちはない」。

「人間は何を残すかで評価が決まる。人を残すのが一番。そういう意味では少しは野球界に貢献できたのかなと思う」。

悔いはあっても最後は胴上げ。野球屋冥利に尽きますよ。
posted by sunrain at 12:58| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。