2010年01月26日

泰均側の言い分。

「その日は体をほぐすため、軽いランニングを行った。井口はグラウンドを10周走ったが、僕は8周走ってトレーナーとストレッチングを行った。それだけだ。井口についていけなかったからランニングを8周で終えたわけではない」

「井口とは代理人が同じで、代理人から“一緒に練習しては”と勧められた。僕が自主トレを要請したわけではない」

井口との合同トレで体力の無さを露呈した金泰均ですが、どうも日本で報道された内容にはいろいろ食い違いがあるようで。

「記事を見て、自分の目を疑った。僕が井口についていく必要はなかった。僕は自分のペースで練習しただけだ。マラソン選手じゃあるまいし、なぜそこまでランニングをする必要があるのか」

まあ、言い分はわかったけど日本ではランニングは基本だから。走れないヤツはブーちゃん認定がデフォなんだって。
posted by sunrain at 15:26| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

登録名は「雄星」

「両親がつけられた名前で、ファンからも呼びやすく、球界を代表するスターになってほしいという意味合いから雄星に決めた」

黄金ルーキーの菊池雄星の登録名が「雄星」に決まったようです。

「名前で野球をやるわけではないので。名前で成績が上がるわけでも下がるわけでもない。やるのは自分なので、こだわりはないです」

当の本人は特にこだわりはないようですが、「星のように何年、何万年も語り継がれる英雄になるように」という両親の願いのこもった大切な名前。

球団も商売っ気をあまりださず大事にしてやってよ。
posted by sunrain at 07:18| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

中学時代の私服。

「(私服は)まだ買ってないんですけど…。(父親に)中学時代の私服をすぐに送って、と」

入寮時に持ち込んだ服は高校の制服とスーツ、ジャージーだけという「私服のない男」、菊池雄星。

このままでは気軽に外出もできないという事態に思いついたのが中学時代の私服を着てみること。

え?サイズは?

というのが第一に思い浮かびますが、それでも菊池は「1回、試してみます」というからとことん純朴だ。

チャラチャラしていると誤解されるのが嫌だという練習の虫。

練習もせずチャラチャラしているチャラヲどもは菊池くんの爪のあかでも煎じて飲むべきだな。
posted by sunrain at 16:13| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戸田寮の怪

「それが本当なら、おはらいしないと。寮長らとも相談してみます」

Swallowsの2軍寮ではしばしば不思議な現象がおこるそうで。

いわく、2階は会議室などで、選手の部屋は3〜5階のみという構造の寮だが、深夜になると、誰もいないはずの2階にエレベーターが止まっているだとか、地下の浴場で入浴中、他に誰もいないにも関わらず鏡越しに人影が見えたとか、閉めたはずのドアがいつのまにかかってに開いていただとか、誰もいないはずのトレーナー室から人の気配がした・・・などなど。

幽霊の正体見たり枯れ尾花ってね。

単に施設の老朽化がすすんだ結果かもしれんよ。夜な夜な怪しい行動をする選手がおるのかもしれんし。

それより、2軍でいつまでも燻っているほうがよっぽど怖いって。
posted by sunrain at 15:43| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

私服なしお。

「私服? 寮に送った荷物に入っていません。というか、私服は持っていません。(岩手では)普段もジャージーとかで出かけていたので…」。

Lionsの若獅子寮に入寮した菊池雄星が“私服ゼロ”を告白。

なんか普通に純朴な子なんだなあと。

強豪校で野球漬けになっちゃうとこんなものかもしれないけどね。

こんな純な野球小僧が数年後には・・・・ってことになりませんように。
posted by sunrain at 12:06| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

グローバル・ワールドシリーズ。

「セリグ氏は任期中に日米によるグローバル・ワールドシリーズを実現させたいと熱意を示された。クリアすべき課題は多いけれど、わたしも同じ意見です」

NPBの加藤良三コミッショナーがMLBのセリグ・コミッショナーとデュパイ最高執行責任者との首脳会談で、日米による真の世界一決定戦の実現を目指すことで意見が一致したことを記者会見で明らかにしたんだそうです。

正直、日本とアメリカ以外はビジネスになってないし、その日米の格差も実力はともかく経済力の格差は広がる一方。

WBC連覇もむこうじゃシーズン前の余興扱い。

なのにグローバル・ワールドシリーズ?やるわけないよな。

まずは「ワールドチャンピオン」とかいう嘘っぱちを名乗らせるのをやめさせてからだよ。

世辞じゃないなら一筆もらってんこんかいっての。
posted by sunrain at 15:17| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5人目のゴン。

Giantsが元パドレスのエドガー・ゴンザレスを獲得。

WBCメキシコ代表で本職は二塁ながら内野の全ポジション、さらに外野もこなせるという守備力の高さが売りだそうです。

2008年には111試合に出場して打率・277、7本塁打、33打点の成績を残しましたが09年は82試合で打率・216、2本塁打、18打点と打撃の方は下降気味。

それでも木村拓の引退で手薄になったセカンドの穴埋めには十分か。

しかしゴンザレスって名前の選手が多いチームだね。

デニー・ゴンザレス(1992〜1993)、ルイス・ゴンザレス(2007〜2008)にジェレミー・ゴンザレス(2007)、そしてディッキー・ゴンザレス(2009)とエドガー・ゴンザレス。

ゴンザレスだけに5レンジャーみたいなね。・・・どうも、すいません。
posted by sunrain at 14:50| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

ポスティングの可能性?

「今年が終わったらメジャーへ来るかもしれないという話を、こちらでは聞いている」

球界の大エース、Fightersのダルビッシュ有にポスティングシステム(入札制度)を利用してのMLB入りの可能性が浮上しているんだとか。

ダル本人はこれまで何度も否定してますが、いくら好成績を上げても日本では年俸5億あたりが限界。

まあ、本人が何を言っても「可能性」だけなら常にあるわけですが。

ポスティングで出てくれたらいいなという球団側の思惑もあるかもしれませんし。

今の段階で10億ぐらいもらっても誰も文句いえんでしょ。それだけ凄い選手ですよ。
posted by sunrain at 13:00| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12球団OK。

「1位で選んでいただければうれしい。どこが選んでくれても、自分としてはいきたい。12球団OK? OKです。何球団でもいい。生意気なことはいえません」

「ずっと真っすぐにこだわってきたので、最後の年もこだわりたい。完成形のイメージは150キロ。
見逃しの三振を取れるような真っすぐを投げたい。そのためのフォームを固めたい」

今年のドラフトで一番の注目を集めるのが早大の齋藤佑樹。

他校や一部スカウトからは「1年目が一番良かった」と進学後の伸び悩みを指摘されているハンカチ王子ですが、それでも人気は抜群のものがあるだけにドラ1での競合は必至。

MarinesにSwallows、Fightersなど親会社が食品関係のところなどはエース背番号の「18」を用意するVIP待遇で徹底マーク。

企業としてはあの「爽やかさ」は捨てがたいものがあるんでしょう。

高卒後即プロ入りした田中将大には大きく差をつけられましたが、実力の問われる年にどれだけの結果が出せるのか。

せっかくプロに入っても鳴かず飛ばずじゃ寂しいもんね。
posted by sunrain at 12:58| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

秀喜はエンゼルス!

ヤンキースからFAとなり去就が注目されていた松井秀喜がエンゼルスと1年契約で合意。

ヤンキースが松井との交渉を後回しにする一方で、エンゼルスは真っ先に名乗りを上げ、4番の座と外野での守備機会も含めた年間162試合フル出場を約束。

年俸は600万ドル(約5億3400万円)と今季の約半額になりますが、現場の監督やコーチの評価も高いことから決断したようです。

西海岸。それもイチローのいるマリナーズと同じ地区への移籍ときたら盛り上がること間違いなし。

・・・・やっぱり缶コーヒーのCMは予告だったんすね。
posted by sunrain at 18:26| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

ルイス、アメリカに残留。

「私の家族は現在、ある健康問題に立ち向かっています。その間だけは家族に不安や苦痛を与えないようにしたかった。これがアメリカに残る決断をした一番の理由です。」

広島のコルビー・ルイスが今季限りでの退団を発表。

理由は家族の健康問題ということで、もういかんともしがたいですね。

在籍した2年間で通算55試合で26勝17敗。2年連続で最多奪三振のタイトルも奪取。

虎とか讀賣とかにもっていかれなかっただけマシ。

・・・ぐらいに考えないとやりきれんよな。
posted by sunrain at 15:00| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早川も横浜へ。

「地元の千葉で3年間、野球ができて本当に幸せでした。今は気持ちを切り替え、新天地で大暴れできるように頑張りたい」

早川大輔。

俊足で両打ち、センターの守備ではチームで一番の選手なんですが、トレードだしちゃいますか。

確かに今季は打率2割2分3厘と振るいませんでしたけど金銭でっていうのはちょっともったいない気がするんですけどね。

バット投げ?

あんなん昔は普通にやってたプレーなんだけどな。
posted by sunrain at 14:58| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

トイレ代です。

「きれい好きなんでね」

契約更改で5000万ダウンの大幅減となったBsの大村直之がスカイマークスタジアムのトイレの環境改善を要求。

「古くて暗いし、においがきつい。せめてトイレぐらいはきれいにしてほしい。オレの下がった分を充てたらメチャきれいになる」

打率・291の成績を残しながらも「5000万ダウン」の提示をのんだ殊勝なベテランですがトイレの臭いだけは我慢出来なかったようで。

ホント、トイレぐらいはきれいにしてやってよ。
posted by sunrain at 18:59| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

相方交代。

「納得できないので、来季は(捕手は)大野を考えてます。やたら上から目線だったし(笑い)。今日はそれが言いたかった」

ダルビッシュが来季の正捕手の交代を宣言。

捕手を務めている鶴岡に盗塁阻止率の低さ(24度試みられ、19回盗塁)を指摘され、「あれだけ走られればあいつもクイックをやるでしょう」と言われたことに反発・・・

したわけではなく、チーム力の底上げを考えてのこと。

「キャンプは大野。この1年間、人間性もよく見ていたし、将来のこともある」

ダルがいなきゃ鶴岡もあれほど評価されたかわかりませんし、本当に正捕手交代なんてことになるかも。
posted by sunrain at 15:50| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

個人トレーナー立ち入り禁止問題。

「(立ち入り禁止に)そうなった過程も分からないし、ダメだという結論だけじゃ納得はできない」。

Hawksが今オフから外部トレーナーの球団施設立ち入りを禁止したんだそうですが、これに選手側が反発。

特に個人トレーナーと契約して3年連続で2けた勝利と実績を残している杉内は「結果を残してる僕からすれば『勝つな』ということなのかな…」と球団の方針をまっこうから批判。

これに対して「負けてるのに主張するのは筋が違うんじゃないかな」と苦言を呈したのが齋藤和巳。

2年間登板なしで給料をもらっている和巳にとっては球団の方針に従うのは当然なんでしょうが、個人トレーナーを使わなかったことで結果が残せなかったら困るのは選手。

「選手個人がお金を払ってやっている。成績を残してる選手は、優遇したりすればいい」と松中は現実的な対案を出していますが、はたして双方が納得するかたちで決着がつくんでしょうか。
posted by sunrain at 11:12| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

流出阻止査定。

「今年からほぼ外国人扱いにした。しっかりうちで頑張ってほしいということ。メジャー志望? そうなった時に話し合う」

防御率1・54で最優秀防御率賞に輝いたDragonsのチェン・ウェインが契約更改を行い、7500万円増の年俸1億1000万円でサイン。

投球回や勝利数、勝率などほとんどの部門で上回った吉見が9000万円だそうですから、異例の3倍超査定。

理由はMLBへの流出阻止。

「まだ日本でやりたい気持ちが強いけど、いつかメジャーに行きたい。日本でもっと経験が積めれば挑戦したいですね」

移籍となればポスティング制度を利用してということになるようですが、ポスティング用に年俸を上げといたんですかね。

“残留工作”か、はたまた“値段つり上げ工作”か。

なんにしても割を食ったのは吉見なんですけど。
posted by sunrain at 12:16| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

コバマサはG行き。

「V4を目指しているチームに、僕が入ったことによって少しでも力になれるようにしたい」

かつての鴎のクローザー、小林雅英が日本復帰。

クルーンが手術を受けることもあってGiantsが獲得を決めたようです。

これでマイケル、豊田、クルーンに続いて他球団の抑え経験者は4人目。

勤続疲労が心配なリリーフには他球団のお古を使い、生え抜きの越智、山口あたりは先発候補にってことなんでしょうか。

なんてぜいたくな。
posted by sunrain at 10:29| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

突然のヘッドコーチ交代。

「監督経験者ということで秋山監督をサポートできる。組織の活性化ということ」

Hawksが森脇ヘッド兼内野守備走塁コーチの退団を発表。

ヘッドコーチという重要ポストを秋季キャンプ終了後に代えるというだけでも異例ですが、さらに驚いたのが前Bs監督の大石大二郎さんをその後任にあてるという人事。

森脇さんが「今回の例は自分で最後にしてもらいたい」と語れば、秋山監督も「来年の話もしていた。球団主導でやるというから仕方ないことだった」と話す突然の解雇通告。

選手も監督もコーチも置き去りにしたヘッドコーチの交代劇。

なんだかキナ臭いね。裏があるんでしょうか。
posted by sunrain at 06:48| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

U―26NPB選抜対大学日本代表

鴎からは大嶺、唐川、根元が出場したプロとアマの若手交流戦は1−1でドロー。

大学生相手によもやの接戦で、中田の走塁ミスまででる始末。

プロの意地をみせられなかったのはどうかと思いますが、それだけ大学側にいい投手がいたということでもある。

早大の斎藤佑樹に大石達也、東海大の菅野智之、亜細亜大の東浜巨など好投手が選り取りみどり。

お客さんもけっこう入ってたし、今後も継続して開催できたらいいんじゃないでしょうかね。
posted by sunrain at 16:45| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

名前をつけたって。

「呼びやすい名前をつけたってほしい。上手につける人がいっぱいおるやろうからな」

Bsの岡田監督が同姓の岡田貴弘の登録名を一般公募すると発言。

「カタカナだけではあかん」「○○○岡田がいい」と条件をいくつか挙げ、(1)ムーディー岡田(完全な思いつき?でもなぜかお気に入り)、(2)アフロ岡田(パンチに対抗)、(3)ヌーボー岡田(「子供のころ、そんな呼ばれ方をしとったようや」。実際は“ダーダ”で全く違っている!!)
などのアイデアを披露した岡田監督。

「サッカー界にも岡田がおるし、紛らわしいやんか…」。

確かに岡田だらけでまぎらわしいけど、そんなん公募で決めていいのかね。
posted by sunrain at 12:07| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。