2012年04月22日

とまらない「投高打低」スパイラル。

異常 完封率31%…止まらない「投高打低」スパイラル


統一球2年目 対策誤った巨人 パワーヒッターほど苦戦


「動かないと点が入らない」足攻スピード野球への変換 長打減少補う


☆ストライクゾーンの有効利用 広くなったストライクゾーンを有効に使う。
☆統一球への2年目の対応 一発を捨ててヒットでつなぐ。
☆飛ばないなら動いて点を取る 積極的に走者を走らせる。


日本の性能のいい統一級でMLB球よりも飛びにくい仕様のうえにストライクゾーンが広くなった。

さらに投手が先に対応しちゃったもんだからより打ちづらくなっちゃいましたと。

HawksとかFightersみたいに足の速い選手をうまく使えてるチームもありますけど、今の極端な「投高打低」はちょっと問題なんじゃないですか。
posted by sunrain at 07:08| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。