2012年03月30日

[訃報]榎本喜八氏、逝去す。

オリオンズの“安打製造機”、榎本喜八さんがお亡くなりになりました。

1955年、毎日オリオンズにテスト入団で入るといきなり新人王を獲得。山内一弘・田宮謙次郎・葛城隆雄らと共に「大毎ミサイル打線」の一翼を担い、首位打者:2回(1960年、1966年)、最高出塁率:1回(1966年)、最多安打:4回(1960年 - 1962年、1966年)、ベストナイン:9回(1956年、1959年 - 1964年、1966年、1968年)に輝くなど活躍。

通算成績は2222試合で打率2割9分8厘、2314安打、246本塁打、979打点、OPS.847。

「臍下丹田でボールをとらえる」など打撃をとことんまで突き詰める求道者的な姿勢は多くの選手、ファンに鮮烈な印象を与えました。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。






posted by sunrain at 07:41| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。