2012年03月17日

新聞屋さん。

高橋由伸外野手(97年、6億5千万円)上原浩治投手(98年、5億円)二岡智宏内野手(98年、5億円)内海哲也投手(03年、2億5千万円)阿部慎之助捕手(00年、10億円)野間口貴彦投手(04年、7億円)。

「清武の乱」に続いて起こったのは読売巨人軍が有望選手獲得のために行なってきた「ぶっ込み(契約金を分割して年俸に上乗せる)」行為の暴露でした。

「最高標準額1億円」という過去の申し合わせ事項におけるモラル違反を問う朝日に対して野球界のルールに反してはいないと反論した讀賣。

どっちもどっちな気がしますし、そりゃいまさらな話でもあるんでしょう。

でも栄養費問題で那須野や一場のように世間の非難を受けた選手がいた一方で、同様の供与を受けながらのうのうと拍手喝采を浴びてきた選手がいたという事実はどうなんですかね?

活躍すればいい。勝てばいい。

勝つためなら申し合わせという建前の裏でお金使うよと。で囲い込んでドラフトも骨抜きにするよと。

それって新聞屋のやることなんですかね?炎天下で高校生に野球やらす新聞屋も大概なんですけどね。
posted by sunrain at 16:23| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。