2011年12月31日

ホワイトセール。

「4番として30本塁打を期待したい。打線の刺激になってほしい」

ラミレスもスレッジもあっさり他チームにとられちゃって、残りはDHか代打専門でグラブ投げのオーティズとかしかもう補強候補が残ってないわけです。

そこでSwallowsにいたジョシュ・ホワイトセル(Josh Whitesell)ですか。

2年通算180試合で打率2割7分4厘、27本塁打、86打点。186センチ、99キロ。左投左打。

まあ左の大砲は大不振中の大松しかいない現状なんでね。去年12本しか打ってなくても補強になると。

なにより格安。年俸30万ドル(約2340万円)プラス出来高払い

福浦、大松、ホワイトセルで一塁争いとか大丈夫なんだろうか。
posted by sunrain at 18:34| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。