2011年11月12日

清武の乱。

「選手やコーチの基本的人権をないがしろにし、ファンを裏切る暴挙。(私が)愛する巨人軍を、プロ野球を私物化するような行為を許せない」

「(桃井)オーナー兼代表取締役社長を飛び越えて鶴の一声で覆した。会社の内部統制に大きく反する行為。球団はいったい誰のものなのか。やり方を改めてもらいたいし、正しい道に戻したい」

午後2時に重大会見とかいうからニコ動は満員だし、また栄養費でもあったんかよって思っていたら内紛でしたと。

清武さんはナベツネが没落させたGiantsのイメージ回復に努めたわけですが、こういうことやっちゃうと職に留まるのは難しいんちゃうかな。

ナベツネの私物化、不当な鶴の一声なんて今に始まったものじゃないし。でもプロ野球を所管している「文部科学省記者クラブ」で会見っていうのは窮余の一手としてはなかなかのもの。とりあえず会見する前に潰されずにはすんだわけだし。

しかしこれで江川は固辞、岡崎もやりにくいわでファンは誰得?って思っているんじゃないかね。
posted by sunrain at 07:44| 球界の懲りない人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。