2011年08月04日

伊良部、死す。

伊良部秀輝さんがお亡くなりになりました。享年42歳。

香川の尽誠学園から1987年のドラフト1位指名でオリオンズ入団。

「伊良部クラゲ」の異名をつけられるなど球界最速の男として活躍。清原との名勝負は今でも語り草になるほど。

最多勝利投手:1回(1994年)、 最多奪三振:2回(1994年、1995年)、 最優秀防御率:2回(1995年、1996年)、 ベストナイン:2回(1994年、1995年)。

1996年オフにメジャー移籍希望を表明。一時はパドレスに決まりかけたがすったもんだあってヤンキースへ。

3年間で29勝を挙げるなど活躍したが降板時にツバを吐いたことが問題視され、マスコミの嫌われ者に。

2002年のオフに日本復帰し、Tigersに入団。2005年にいったん引退も2009年にアメリカの独立リーグで現役復帰、四国・九州アイランドリーグでぷれーするも故障で2度目の引退を表明。

素材はクレメンス級、でもメンタルが伴わなかった。それでも日米通算で106勝。

人間的に難しいところのある人で、毀誉褒貶も激しいわけですが、なにはともあれおつかれさまでした。合掌。
posted by sunrain at 08:33| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。