2011年02月22日

投打で明暗。

第5クール2日目。この日の練習試合は打線が大爆発。

打ちも打ったり、打たれも打たれたり。

あわせて35安打で26得点。

竹原、細谷が4安打、岡田も3安打を放つなど打者の方はいい競争ができているようですが、投手陣はボロボロ。

期待の新人・小林敦がサブローに満塁弾を浴びるなど2回8失点。

大嶺も相変わらず制球が定まらず2回3失点。

服部なんかは打たれるだけではすまず、「左肋間(ろっかん)筋挫傷」でチームから離脱してしまう始末。

「打者に向かっていく姿勢が足りない投手が何人かいた。まずは、そこからですよ」

「野手は意識が出ているけど、投手は足りない。必死さを出さないといけない。今日の投手たちはもっともっとアピールしなければ」

投手陣がこれだけ悪けりゃ、そりゃ監督の言葉も厳しくなりますわな。

やっぱり人的補償は必要なんじゃ・・・
posted by sunrain at 16:56| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。