2011年01月06日

真逆で対極。

「人間として興味がある。僕が何を言っても嫌みに聞こえるけど、(斎藤は)そう聞こえない。(自分と)真逆、対極のイメージ。でも、一番対極にある関係とはどこかで通じるものがある」

イチローが同じマネジメント事務所の後輩になった斎藤佑樹を「真逆、対極のイメージ」と評価。

なんでも夢の中で対戦したこともあるらしく

「勝敗は難しいですけど、真っ二つになったバットで僕は打たなきゃいけなかった。凄く不思議なんだけど、(斎藤は)160キロぐらい投げていた」んだとか。

真っ二つになったバットであえて打ちにいって、しかも斎藤が160キロZ!・・・それは不思議すぎだ。
posted by sunrain at 19:32| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。