2010年10月21日

パシフィックリーグ CSファイナルステージ第5戦。

CAWR0ME7 m1.jpg


鮮やかすぎる7回の逆転劇でした。

井口2ベース、サブローがバント失敗で追い込まれたところでファルケンボーグが暴投し、井口は3塁へ。

これで楽になったサブローが執念のタイムリー2ベースで同点。

代わった摂津に対して今江がバントを成功してサブローは3塁へ。

そこで代打・福浦が勝ち越しのタイムリー。

シーズン中はやられまくっていたファルケンボーグと摂津を見事に打ち崩し、さらに1点差に詰め寄られた9回には森福から清田が駄目押しの2ラン。

大嶺の後を受けた晋吾、内の好投も光りました。

これでついに逆王手。日本シリーズもいよいよ現実味がでてきました。
posted by sunrain at 06:42| Marines Fighting!2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。