2010年04月17日

16年ぶりのサヨナラ打。

「初球は、ああいう速い投手をオープン戦から見ていなかったので、適当に破れかぶれで振りました」

「(2球目の)フォークもオープン戦で見てなかったので変な空振りになって。開き直りました。バットが当たるところに(フォークが)落ちてくれた」

浅尾の投じた初球、151キロの内角低めのボール球を強振してファウル、2球目は142キロの外角フォークに空振り。

そして3球目、139キロのフォークにしぶとくくらいつくと打球はセンター前へ。

サヨナラ打は94年6月9日の阪神戦以来16年ぶり4度目。

「ケガばかりしていたけど、この場に帰って来られてうれしい」。

慢性的な故障で昨季は出場機会なし。それでも野村新監督の信頼は厚く、9回1死満塁の場面で起用された。

「自分が与えてもらった場所があるので、結果はどうであれ、しっかり準備して戦っていきたい。チームはまだ借金がありますが、少しずつ返していきたい」

代打の切り札。38歳、男、前田、やってくれます。やるんです。
posted by sunrain at 14:25| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。