2010年01月18日

反骨のサイドスロー、急逝す。

Giants、そしてTigersでエース。

現在はFightersの1軍投手コーチを務めていた小林繁さんが心不全で亡くなりました。享年57歳。

Giantsで76、77年に18勝。78年には13勝。

3年間で49勝をあげエース投手として活躍していたにも関わらず、79年。

いわゆる「空白の1日」事件によって江川と電撃トレード。

激しい衝撃を受けながらも、トレードしたその年にGiants戦8連勝を含む22勝を挙げて2度目の沢村賞に。

通算成績は374試合で139勝95敗17セーブ、防御率3・18。

細身の身体から全身を使って全力投球。気持ちで投げる大投手でしたね。

ご冥福をお祈り申し上げます。
posted by sunrain at 17:08| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。