2009年12月22日

コーリー&マーフィー

「また、日本球界で投げることになって、とてもハッピーだ。チェンジアップを中心にスライダー、カットボール、カーブと変化球を使ったピッチングが自分の持ち味だと思っている。与えられたポジションでグッドジョブが出来るように精一杯、チームに貢献したいと思っているよ。
巨人戦?もちろん、とても楽しみにしている。交流戦、そして日本シリーズで対戦することが出来たら、こんなに面白いことはないよね」(ブライアン・コーリー)

「マリーンズの一員になれて嬉しく思います。日本でプレーするのは初めてだけど、コーリーからいろいろな話を聞いてイメージは出来ている。
チームからはセットアッパーとして期待されていると思うので、与えられたポジションでストレートを中心とした自分らしい投球をして打者を抑えれるように頑張りたいと思う。」(ビル・マーフィー)

2人のセットアッパー候補を獲得。

背番号は右腕のコーリーが「33」、左腕のマーフィーは「69」と。

どれだけやってくれるかはわかりませんが、ともかくフロント主導の人事なんでフロントは満足なんでしょう。

心配してたFAも直行と橋本の放出にとどまり、契約更改も全員一発サイン。

・・・かなり大甘な交渉でしたけどね。あれでごねてたら即放出だわな。
posted by sunrain at 13:03| Marines Fighting!2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。