2009年10月17日

菊池詣で。

「彼が勝っていたのは、四死球の少なさだけ。比較したらかわいそうだけど、その松坂だって日本でプレーした。まずは技術、体力、精神力を蓄えてから(大リーグに)チャレンジしてほしい」

国内12球団+MLB6球団がドラフト前に菊池雄星と面談。

MLB入りを熱望する菊池に対してTigersが用意したのは松坂大輔と、菊池が3年春、夏の甲子園大会で残した投球成績の比較表。対戦相手、スコア、被安打、失点、球数、奪三振、四死球、本塁打、通算防御率を比較した極秘データ。

「日本に決めた時は、指名していただいた球団にいきます」

逸材とは言え、まだ高校生。アメリカに渡って野球だけしてりゃいいってわけでもない。

不安材料を持ち出して現実に目を向けさせるのも交渉手段の1つ。

とはいえ、なんかMLB球団と折衝するために仕組んだ面談のような気もしますがね。
posted by sunrain at 15:03| ああ 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。