2008年07月16日

取手二高の優勝投手。

1984年、夏の甲子園で優勝した取手二高(茨城)のエースで、大洋、横浜でも活躍した石田文樹(現横浜打撃投手)さんが15日、直腸がんのため横浜市内の病院でおなくなりになりました。

当時、高校野球史上最強とうたわれた桑田、清原を擁するPL学園を相手に決勝戦で好投。

延長にもつれ込む熱戦を制し、木内幸男監督(現常総学院監督)の手腕とともに鮮烈な印象を残しました。

母校の校歌なんか忘れて久しいもんですが、取手二高の校歌のフレーズはいつまでも記憶に残ってますね。

「頼りになる投手だった。茨城大会は全然ダメ。甲子園入りして休ませたら治った。それでチームが活気づいて全国制覇までいけた。石田の肩がみんなに夢を与えた」(木内監督)

享年41歳。ご冥福をお祈り申し上げます。
posted by sunrain at 14:31| ああ 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。