2012年04月28日

4/26  俊介2本打たれて轟沈。 対Fighters。

1−2。

「もうちょっと低めから落とすつもりが、スーっといってしまった。逃さなかった稲葉さんが凄い」

「10本ヒットを打って得点に結びつかなかったら、それは監督の責任」

俊介は6回2失点なんですけどホフパワーと稲葉に打たれたソロ2本のイメージが悪すぎますわ。

打線は序盤になるたけ点をとっていかないと厳しいね。相手の中継ぎ陣、強力過ぎる。

稲葉は2000本にリーチですか。なんで簡単に打たせちゃうかなー。歩かせちゃえよもう。
posted by sunrain at 07:57| Marines Fighting!2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/25  ペン制球定まらず。 対Fighters。

1−5。

「大事な試合だったのに、こんなに悪くて自分でも失望している」

4回持たずに4失点。ペンは悪いときはめちゃくちゃ悪いからゲームにならん。

田中賢介に3安打、稲葉に4安打とか。

負け試合になったらせめて相手に嫌がられる投球をしなきゃな中郷に、木村よ。
posted by sunrain at 07:55| Marines Fighting!2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/24  気迫みなぎる首位攻防。 対Fighters。

2ー1。

「“本塁打、四球はあかん”と考えたが、びびると自分の投球ができない。だから楽しみながら思い切って投げた」。

グライシンガーも好投しましたがやはり益田ですかね。

8回1アウト二、三塁で中田、稲葉を討ち取った場面はもう最高にしびれましたね。

東京ドームにこだまする益田コール。もうたまらんでしょ。

「追い込まれたので全ての球種を打てるようにした」

根元も価値ある2本のタイムリーで貢献。まだミスが目立つけど頑張ってるよな。
posted by sunrain at 07:54| Marines Fighting!2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/22  中後、プロ初勝利。 対Lions。

6ー4。

「僕のミスを清田が助けてくれた。助け合うことで信頼感が生まれ、信頼があるから打線がつながる。」

8回にサブローのタイムリーで追いついたあと、福浦が死球、今江がレフトヒット。ここでサブローが三塁ベースをオーバーランしてしまいタッチアウト。

流れが変わっても仕方ないミスでしたが清田がレフトオーバーの3塁打で取り替えして6−4。

信頼があるから打線がつながる。いい話じゃないですか。

相手の中継ぎがあまりにもひどすぎるという話でもありますけども。

おかげで8回から登板した中後がうれしいプロ初勝利。いい仕事してますよ。
posted by sunrain at 07:53| Marines Fighting!2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/21  益田、新人離れの好救援。 対Lions。

3−2。

2回にサブローのソロ、角中の2点タイムリーで3点をとって逆転。

唐川が6回1/3で降板すると、あとを継いだ益田が素晴らしい投球をしてくれました。

圧巻は8回のおかわり君との勝負。

3ボールとしてからも内角を厳しくついてショートフライに討ち取ると続く嶋、ヘルマンを連続三振で切って取るわけですからたいしたもの。

最後は薮田が自作自演気味にピンチをつくりましたが勝利。

いやあこんなに頼もしい新人、そうはいませんて。
posted by sunrain at 07:52| Marines Fighting!2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

4/20  二重ミスに凍りつく。 対Lions。


0−1。

「二重にミスをしてはいけない。状況判断が一番大事」


石井は飛ばし気味でしたから後半はけっこうバテてました。

相手は後ろが弱いんで、これは十中八九、勝てるゲームだなって思っていたところに根元の2ベース。次の伊志嶺がバントっていう場面ですよ。

まず伊志嶺はバントの構えが下手。

顔の近くまでグッと寄せる。目線をなるべくバットの近くにって考えなんでしょうけど、あれじゃ内角ついてくれっていってるようなものじゃないですか。

石井が内角厳しいとこ攻めてきたときによけようとしてバットに当ててしまった。はいダメ。

さらに2塁ランナーが飛び出して一巻の終わり。

ミスした2人の顔もまっつあおでしたけど、あの瞬間のマリンの雰囲気ときたら。

逆にそのあと角中、井口がよくヒットで見せ場をつくったもんだなという試合でした。

「そこまで調子はよくも悪くもなかった。要所要所を締められた。完投は次につながる」っていってくれた成瀬の言葉だけが救い。成瀬は大人だね。
posted by sunrain at 07:13| Marines Fighting!2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/19  誤審に不満つのる。 対Eagles。

3−6。

「リズムの悪い投球の中、先制してもらったのに、すぐに逆転されて申し訳ない。それだけです」

俊介もマー田中も良くなかったですけど審判が一番ひどかったですね。

ストライクゾーンは不安定だし、金澤はブロックしてたのにセーフとか言ってるし。ホームクロスプレーで内野陣があれだけ詰め寄るってなまずないで。

ホームクロスプレーは前の日もやられてたかんね。

一番、腹立ったのは中後が高須に投げたところで外角、ストライクとらずに四球になったやつ。

三振で終わってたはずなのに。

中郷の二段モーション判定も謎。ランナー一人もいないときにとるかね。あんなの。
posted by sunrain at 07:10| Marines Fighting!2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/18  ペンでも勝って首位奪取。 対Eagles。

7−3。

「顔が軽くなった」とヒゲをそってすっきりしたペンが7回秘安打4の1失点と好投して今季初勝利。

これでQSは先発5人で13試合中なんと12試合。

先発は順調にきてます。が、中継ぎでは相変わらず駄目駄目なロサがまたしても四球連発の大乱調。

9回で6点差あるのに、なにこいつって感じ。

4番サブロー、5番福浦の新打線も機能して今江も3ランを打ってやっとチームに貢献してくれました。

里崎が右腕上腕の打撲、田中雅がインフルと捕手がちょっとヤバイのが気がかりですが、ひとまず首位奪取!いい感じです。
posted by sunrain at 07:09| Marines Fighting!2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とまらない「投高打低」スパイラル。

異常 完封率31%…止まらない「投高打低」スパイラル


統一球2年目 対策誤った巨人 パワーヒッターほど苦戦


「動かないと点が入らない」足攻スピード野球への変換 長打減少補う


☆ストライクゾーンの有効利用 広くなったストライクゾーンを有効に使う。
☆統一球への2年目の対応 一発を捨ててヒットでつなぐ。
☆飛ばないなら動いて点を取る 積極的に走者を走らせる。


日本の性能のいい統一級でMLB球よりも飛びにくい仕様のうえにストライクゾーンが広くなった。

さらに投手が先に対応しちゃったもんだからより打ちづらくなっちゃいましたと。

HawksとかFightersみたいに足の速い選手をうまく使えてるチームもありますけど、今の極端な「投高打低」はちょっと問題なんじゃないですか。
posted by sunrain at 07:08| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

4/15  藤岡、完投で2勝目。 対Hawks。

5-1。

「走者を出しても粘れた。新人の中で一番でありたいというのはある。良かったと思います」

「前の2試合は全然、内角を攻められなかった。相手は外角を意識していたし、攻めようと思った」。

10奪三振中8つが空振り三振。

内角をえぐりこむクロスファイヤーが本当に素晴らしかったですね。

内を厳しくついていけたからこそ外のボールも効果百倍。

最後の松田への一球、外角高めのボール球を振らせて三振とかまさに理想的でした。
posted by sunrain at 15:26| Marines Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/14  唐川、ほぼ完璧。 対Hawks。

4-1。

「完全ペースは分かっていた。無理だと分かっているので意識はしなかった。先に点を取ってくれたので、それが良い投球につながったと思う」

7回2アウトまでパーフェクト。

唐川が実に小気味良い投球をしてくれました。腕の振り。球のキレ。ともに申し分なし。

捕手キラーのホワイトセルが謹慎気味のファーム落ち、大松もスタメンから外れてどうなることかと思いましたが4番のサブロー、5番の福浦がそろって2安打1打点。

サブローは「相手投手は侑己(唐川)と同じ千葉出身の同学年だから、打って男にしてやりたかった」とかコメントも男前やし、やっぱり4番が似合いますよ。
posted by sunrain at 15:22| Marines Fighting!2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/13  いきそうでいけない。 対Hawks。

1−1。

こっちがですよ。チャンス何回も潰して必死の思いで1点とったのに8番打者にこつんで1−1。

なんて理不尽な。

はー。成瀬はよう投げたと思うけども。

なおホワイトセルがまた一人捕手をやってしまったもよう。申し訳ない。
posted by sunrain at 15:20| Marines Fighting!2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/12  益田謎の酷使。 対Bs。

1−3。

マクレーン打ち込めず。平野、岸田とか勘弁して欲しいよな。なぜエース格が後ろにおるんや。

ペンは初登板で6回2失点とまずまずでした。好守もあったし。

そして逆の意味で安定感ある今江の怒悪送球。ほんまにこいつレギュラーでいいんだろうか。激不信感。

根元が外れても打線つながらない上にキャプテンがこれでは。

そんなことより酷使気味の益田をなんとかしてあげてください!なぜ2イニングも投げさせたのか。結果、T岡田に打たれとる。

信頼できる投手がいないとかまた理由が酷すぎる。新人使い潰してどないすんねん。

なおホワイトセルが捕手を1人やってしまいました。あのフォロースルーは凶器。
posted by sunrain at 15:17| Marines Fighting!2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

ダルはほろにがデビュ−。


「落ち着いていたが、体が勝負にいきたくて体と精神の状態がアンバランスな状態だった」

Texas Rangersに移籍したダルビッシュ有が本拠地Rangers Ballpark in Arlingtonで行われたSeattle Mariners戦でデビュー登板。

初回に42球を要する乱調で6回5失点。

打線の援護で逆転勝ちこそしたもののイチローに3安打されるなど最後まですっきりしない投球に終わりました。

降板時にファンがスタンディングオベーションで迎えてくれましたが、「こんなもんじゃないだろ」っていう激励の意味もこもっていたんじゃないですかね。

制球難をどう克服していくか。けっこう時間がかかるかもしれません。
posted by sunrain at 16:50| プロ野球 時事呆談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/10  春は井口 対Bs。

「とにかく先に点が欲しかった。セス(グライシンガー)も頑張っているから、みんなで何とか先制点を取ってあげたかった」

8回無失点と好投したグライシンガーを援護したのは困った時の一流打者、井口さんでした。

先制ホームランも大きかったけど、8回の盗塁。あれにつきますよ。

若いのが糞みたいに失敗しまくるなか38歳ですよ、井口さんはまったく。

そして次のホワイトセルが膝下の変化球を変態打法で打ち返して2点目ゲット。

ところで9回の工藤のあれはなんなんですか?(マジキレ)
posted by sunrain at 16:49| Marines Fighting!2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケンカのすすめ。

「勝つポイントの一つに、打者が嫌だと思うボールを投げること。インコースを投げられることを打者は嫌がる」

「内でのけぞらせるような球が少なかった。強気で投げないと。練習から攻めていきたい」。

西本コーチが言うように内角ズバッていくのが少なかったですよね。藤岡に限らず。・・・成瀬はいつもだし。

内角をえぐりこむように、打つべし!打つべし!打つべし!

・・・打たれちゃいけないんですけど。
posted by sunrain at 16:47| Marines Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/8  マリンで3連敗喫す 対Fighters。

「2本とも失投。打たれるべくして打たれた。自分のミスです」

小谷野とスレッジに打たれた2本が痛すぎ。

カウント悪くして打たれた小谷野の2ランはどー考えても置きに行きすぎだよな。

んなことより打てなさすぎ。

吉川とかあんなにコントロールで苦しんでるのに3安打しかできないとか。

谷元は投げるボールに変な回転かかってる感じ。あんな投手やったっけ?

当分、ハムは食べません。肉なんか他にいくらでもあるんやでー(棒)
posted by sunrain at 16:46| Marines Fighting!2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/7  唐川、稲葉にしてやられる 対Fighters。

「(9回、稲葉篤紀に先制打を許した球は)ストレートです。ギリギリのコースを狙ったんですが。(9回は相手打線が)当てにきていたことにもっと早く気付いて、違う攻め方をしなければいけなかったです。とにかく切り替えていくしかない。来週もあるので、それに向けて、ってところです」

8回までは唐川の方がいい投球してたんですよね。

ちょっと稲葉のところで攻め急いだっていうか、ストレートに過信しすぎちゃったんよね。2ストライクナッシングから投げる球ではなかった。

成瀬で負けたらまー下唇噛み締めるぐらいだけど、唐川で負けると納得いかん!ってなるな。なんでか。

勝負は1球で変わる。この負けはきついですね。
posted by sunrain at 16:45| Marines Fighting!2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/6  背負ってる男を打てず 対Fighters。

「すべての球が打てそう。でもストライクからボールになる球を打たされる。こういう投手が一番、腹が立つ」

去年からこんなん言ってるけどなかなか打ち崩せないんだよね。

「ツーシームなどが微妙に動いて打者はとらえにくい。自分とは逆のタイプで、投球技術が素晴らしかった」

さいちょだかさいてょに負けた成瀬が切なすぎる。一応、QSだったけど右打者に打たれすぎ。

マリン開幕戦。声援はものすごく良かった。それだけに切ない負け。

追い上げムードぽしゃらせたロサにグーパンチだわ。
posted by sunrain at 16:43| Marines Fighting!2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

4/4  グライ神で60年ぶり開幕4連勝 対Eagles。

「本当に今日はチーム一体となっての勝利。里崎も良いリードをしてくれた。開幕4連勝を挙げられて良かった。(カーブが良かったが)春のキャンプから投手コーチと使い方を練習していた。良く効いていたし、(今日は)一番良いカーブだった。過去2年間はタフなシーズンだったが、今年から新しいチームで、良いチームメートに恵まれているし、これから楽しみに良いピッチングができると思う」

2−0。

7回4安打無失点。9奪三振でなおかつ無四球。

最多勝時代以上の出来と言っちゃっていいと思います。

あのカーブは打てんし、スレートも過去2年で1勝の投手が投げるボールじゃないですよ。誰や中古っていうたん(-_-;)

成瀬、唐川、藤岡、グライ。これは超絶四本柱確定ですかっ!

そして8回、9回を益田、薮田で抑えて完勝。益田はもう騒ぐレベルじゃないです。抑えて当然、失点したら国家存亡の危機かも。

心配だった打線の方も12安打となんかいい感じ。盗塁失敗が多いけど勝てば誰も気にせんのよ。

大松の本塁突入&クロスプレーからの光山退場は久しぶりに血湧き肉踊る感じやったなー。
posted by sunrain at 10:54| Marines Fighting!2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。