2011年10月28日

2011 鴎のドラフト会議

111028_0647~01.jpg

藤岡きましたよ。藤岡貴裕!キター!

でかした西村監督、今年最初で最後の大仕事w。


3球団指名だったのでチャンスあるかなーぐらいに思ってましたが、当たりくじ確定の瞬間、ついガッツポーズしちゃいましたよ。

やっとMarinesにも「真のエース」が誕生しそうです。

2位の中後悠平も左の好投手で1位指名でとられてもおかしくない逸材。3位には守備力と統率力に優れた内野手・鈴木大地、4位には中継ぎですぐにでも使える益田直也と4人の即戦力候補の交渉権を獲得。100点満点のドラフトはMarines史上初ですよ。あとは主砲、喉から手が出るほど4番が欲しい。


1位 藤岡 貴裕 投(左/左) 東洋大  181センチ/80キロ 153kmの速球、制球力ともに抜群。全日本大学選手権2年連続MVP!まさに真のエース。 
2位 中後 悠平 投(左/左) 近畿大 182センチ/72キロ 多彩な投球フォームからくりだす速球、変化球は威力十分。
3位 鈴木 大地 内(右/左) 東洋大 176センチ/76キロ 東洋大と全日本で主将を務めたリーダーシップに期待。全力プレーと守備力が光る。
4位 益田 直也 投(右/右) 関西国際大 176センチ/80キロ 多彩な変化球を駆使する右の本格派。大学入学後に投手転向。
posted by sunrain at 06:53| Marines Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/22  最終戦。 対Hawks。

5−2。

最終戦はリーグ制覇チーム相手に唐川が8回2失点に抑えて勝利。

5回に一挙4得点で逆転勝ち。相手の投手が元鴎戦士の藤田に代わってからというところがミソw

54勝79敗11分け。

対戦成績はHawks戦が10 - 13(1)、Fighters戦11 - 11(2)、Lions戦11 - 10(3)、Bs戦8 - 15(1)、Eagles戦6 - 16(2)+交流戦8 - 14(2)。

上位に強く下位に負けまくりといういつもの成績ですが、シーズン勝率4割台。打率、防御率ともにリーグワースト。

本塁打数では中村剛也1人に負けるという極貧の打力。

とはいえ、打力はなくても優勝できるDragonsのようなチームもあるわけで。

なにはともあれ、選手のみなさん1年間おつかれさまでした。
posted by sunrain at 06:46| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/19  塩見に完投さる。 対Eagles。

2−5。

新人の塩見にわずか2安打。

上野は結局4勝7敗。飛躍して欲しいけどムラがありすぎるのがなあ。

投手は成瀬、唐川に中継ぎ陣。

野手は伊志嶺と岡田くらいですかね来季も期待できそうなのは。

なんだかなあ。
posted by sunrain at 06:43| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

オレ竜、セントラルを連覇。

「選手には褒められたければ『オレを超える成績を残してみろ』と言ってきた。勝つことに関しては、想像を超えるところで試合をやってくれた。今日だけはオレは褒めてやる。お前ら、大したもんだ。本当にありがとう」。

今季限りでの退団が決まってから驚異の勝ちっぷりで落合監督率いるDragonsが球団史上初の連覇となる2年連続9度目のセ・リーグ制覇を決めました。

谷繁を中心としたバッテリー力の強さ、経験。引き分けで優勝をきめるあたり、つまらないと言われながらも勝ってみせる。オレ竜野球の真骨頂がでたかなと。

「“おまえらは球団のために戦うんじゃない。自分の生活のために戦うんだ。自分を守るのは自分”ってな。“監督はチームを勝たすために契約してるんだから、勝ち負けの責任は取る。でも、成績の良い、悪いは自分の責任だ。責任転嫁するなよ。契約社会ってのはそういうもんだ。一生野球やれると思うな”と。その意味がやっと分かったんじゃないか」

「選手に負ける悔しさと、勝つ喜びを両方味わってもらえたってのが一番。負ける悔しさも嫌ってほど味わってもらった。でも、勝たなきゃ悔しさは出てこないんだ。8年のうち4回優勝したけど、4回は逃した。その悔しさがあるから、喜びは倍増する。喜びがあるからこそ悔しさも分かる。ウチは両方味わっているから。これは彼らの将来にとって物凄くプラスになる。指導者になったにしてもな」

現場は結果を出すのが仕事。落合監督はまぎれもない名将ですよ。
posted by sunrain at 16:38| 野球好きへの挽歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/18  先発は駒不足。 対Eagles。

5−5

なぜ晋吾?そしてなぜ引っ張るかなというね。

そもそも点がとれないわけですから5回3失点があたりまえな防御率4点台投手を先発で使う意味がわからない。

いないなら若手使えって話。

低レベルなポジション争いのなか濱が2安打。細谷、根元とショートはいつまでもドングリやってちゃ困るんですけどね。
posted by sunrain at 16:18| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/17  意地のドロー。 対Lions。

2−2

成瀬と帆足がともにイマイチな出来でしたがその後のリリーフ陣がよかった。

ドロ−で相も変わらずの貧打ですが、相手はCS争いの最中ですしなかなかいい試合でした。

新人王争いですが、どうも伊志嶺は厳しそうですね。牧田で決まりそうな感じ。
posted by sunrain at 16:17| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

10/15  唐川、成長を示す。 対Hawks。

2−1

「ここ最近では一番良かったと思う。最初はバラついたけど、縮こまらずに腕を振れた」

「唐川がよく投げてくれた。勝てない時期もあったが、いろいろ勉強になっているのではないか」

唐川と杉内の投手戦。緊張感のあるいい試合でした。

唐川は9回を0封して無四球、10奪三振。来季は開幕投手を成瀬と争って欲しいものです。

里崎が戻ってきたのも大きい。やっぱ捕手は要のポジションだね。
posted by sunrain at 12:08| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/13  大松、復活ならず。 対Bs。

0−3

上野は4回2/3を3失点。大松をスタメンで使いましたが3三振と全く振るわず。振ればいいってもんじゃない。

完封負けはこれで18度目。

投打に課題が山積みです。
posted by sunrain at 12:07| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/12  投打にダメすぎ。 対Lions。

3−11

井口がソロ打ってもその裏にあっさり3点とられるという糞っぷり。

被安打15で9四球で11失点。

小林敦もダメとなると新人では伊志嶺だけですか戦力になったのは。使えないのはベテランも一緒ですけど。
posted by sunrain at 12:05| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

10/7、8、9、10 13年ぶりの。 対Eagles。



9−4
0−8
3−4
1−6

13年ぶりの最下位があっさり決まりました。

日本一からの転落はパシフィック史上初。まったくもって恥ずかしい限りですよ。

1戦目の唐川が6回4失点で今季10勝目。やっとですね。遅すぎるし、後半戦は内容がよくない。

2戦目の成瀬、3戦目の俊介ともに低調。3戦目は9回に見せ場があったんですが大松、根元、伊志嶺と凡退。・・・大松はゴロゲッタ治らないですね。
4戦目はミス続出で全くしまりのないゲームでした。

Eaglesは山崎武司が退団。42歳で衰えはありますがそれでもあの打力は魅力。縁があったら戦力に欲しいもんです。今季の鴎打線、野手陣の情けなさを思えば誰だって戦力になりそうではありますが。
posted by sunrain at 17:03| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/4、6 戦力違いすぎ。 対Hawks。


3−8
0−4

阿部とかもう嫌。上野も相手が和田とか一級品がきちゃうと力足りないかな。

消化試合でもなにかしら収穫が欲しいですね。


坪井俊樹投手(25)那須野巧投手(29)宮本裕司捕手(28)定岡卓摩内野手(24)吉田真史内野手(21)に戦力外通告。

坪井、定岡、吉田は現役続行を希望、那須野、宮本はまだ未定だそうです。那須野はついにという感じ。
posted by sunrain at 17:02| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お家騒動。

「昨年勝ったメンバーがほとんどいないのは異常な状態。私もオーナー(代行)であると同時にファンでもある。ちょっと問題かなと」

「サブロー選手が出ていった後から悪くなった」

「今年出て行った人で呼び戻せる人は呼び戻したい。あまり言うとタンパリングになるので…」

「過去のトレードを見てもウチから出て活躍した選手が多い。もらった選手は中心選手になる感じではなかった」

オーナー代行が吠えてますw。でもこの発言はただのファンとしてはいいけど最高責任者としてたらどいないやねんというねw

おまえが決裁したんちゃうんか?と。

サブローはFAになるんで無理繰りではないすけど高いでしょ?戻ってくれたらそりゃうれしいけども。

ま、でも過ちをみとめるっていうのは潔いんじゃないですかね。コストカットを言明しときながら責任を押し付けるあたりもらしいっちゃらしいですw

人事の方は10月21日付けで、新社長にロッテ本社顧問の中村家國氏が、新運営本部長に球団事業本部総務部長の林信平氏が就任するそうです。女帝じゃなくて一安心?ま、影でこそこそするんじゃろうけどの。

はい。もはや恒例となった〇ッテお家騒動でした。

posted by sunrain at 17:01| Marines Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/30、10/1、10/2 いい感じで3連勝。 対Fighters。


5x−4
2−2
6−5

1戦目は唐川が危険球退場という波乱の展開でしたが同点打にサヨナラヒットという角中の獅子奮迅の活躍で勝利。
2戦目も成瀬が好投して引き締まったゲームでしたし、3戦目は3回に一挙5点!をあげて楽勝ムードだったんですがペンが5回で降板してからは1点差まで追い上げられるというヒヤヒヤものの勝利。

雅彦は打つ方はいいけど、キャッチングとかインサイドワークに難アリすぎ。ペンもすぐ足やっちゃうようでは来季もあんま期待できないのかな。パワー系の右投手は一人しかいないからもうちょっとがんばってもらいたいんだが。あとは薮田が30セーブ達成。宏之の代役としては期待以上の働きをしてくれたと思います。

Hawksが10/1に優勝を決めました。戦力がものすごく充実してましたね。内川、ホールトン、松田あたりがMVP候補でしょうか、おめでとうございます。あとはCSを勝ち抜けるかどうかですかね。短期決戦は戦力だけじゃ勝負つかないですからね。

Fightersは後半失速しましたがダルがいますし、Bsは監督を筆頭に勝つことに対する執着心がある。Lionsは勢いでどこまで迫れるか。他球団の話ですが一野球ファンとして楽しみです。
posted by sunrain at 16:59| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/27、28、29 11連敗でストップ。 対Bs。



4−6
0−6
4−3

期待をもって野球が見れたのは上野が投げた3戦目でだけでした。

1戦目、阿部はどう考えても力不足。変化球がおそろしく甘いので来季もたぶん無理でしょう。
2戦目は俊介がヘタレベテランっぷりを余分なく発揮して完敗。序盤で大量失点したら機動力やきゅうじゃ追いつけません。
3戦目は上野につきますね。今のチーム状態でやる気や目的があるのは上野ぐらいのもの。とはいえ角中のダメ押しがなかったら連敗がまだ続いていたかもしれません。

マジでしっかり野球せいよ。
posted by sunrain at 16:58| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/23、24、25、26 引き分け挟んで連敗続く。 対Lions。


4−6
5−5
1−4
4−5

宮城でのEagles戦が流れて少しは良くなるかと思いきや流れ変わらず。

9連敗でなお続行中。

1戦目はミスで逆転負け。2戦目は8回に逆転するも抑えの薮田が2失点してかろうじて引き分け。
3戦目は岸にわずか3安打に抑え込まれ、4戦目は1点差だけど差はありありっていうなんちゃって接戦。

・・・ほんと落ちぶれるのはあっという間です。一気に弱くなりました。
posted by sunrain at 16:56| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。