2011年02月17日

初紅白戦。

第4クールも2日目、今キャンプ初となる紅白戦が行われました。

光原、小林という新戦力の2人が先発してそろって2回を無失点という上々のスタート。

新人ながら先発、中継ぎどちらでもできる即戦力としての期待がかかる小林敦。

「楽しむ余裕はなかった。死球は力んで直球が抜けてしまったんです」「前回のシート打撃と比べると緊張した。今日は50点くらい」と自己採点はやや辛目。とはいえ、先頭打者の清田に死球を与えるという厳しい立ち上がりながらも「右打者の外にいい球があったのが収穫」というように落ち着いた投球ができたようです。

打者では同じく新人の小池がこの試合唯一の得点となるタイムリーを含む2安打1打点。

「あそこまで飛ぶとは…。引きつけて腰の回転で打つことができた」「僕は陰でひっそりと頑張りたい」

1打席目にはライトへ大飛球を飛ばすなど当初から期待された守備面だけでなく、打撃の方も実戦向きで期待できそうです。コメントは控えめですが開幕メンバー入りへ幸先のいいスタートが切れたのでは。

他の選手では伊志嶺が盗塁を2度試みて1回成功とさっそく自慢の快速を披露し、守備でも好守を見せ、さすがはドラ1といったところ。

新人が順調にきている一方でショートへの転向にチャレンジしている荻野貴は苦戦中。

「やはり課題は守備です。8回を無事に終えられたことが収穫」「技術が足りません」と本人も自覚している守備のつたなさ。「85%程度」という右膝の具合がまだまだ気になるようです。

送球やグラブ捌き、足の運びなどまだまだブランクがあるのかもしれません。適性はあるはずなのでキャンプ、オープン戦を通して課題を一つ一つ克服していってほしいですね。

出遅れている今江の影響もあってひそかに注目を集めているサードには青野と細谷がチャレンジ。

ここもかなり熾烈な争いになりそうです。
posted by sunrain at 12:58| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。