2011年02月27日

2/27 オープン戦 対Dragons

2戦目は日本シリーズの激闘再びってわけで落合竜。

この試合から井口、テギュン、サブローら主力組も出場しました。

清田が2戦連発の2ラン、荻野と細谷も2安打と早くもレギュラー争いにメドがついてきたような。

荻野は送球にまだ難がありますけど打力と走力は超一級。細谷は意識高いプレーができてるし、清田の爆発力はクリーンナップクラス。

投手では先発の光原が3回2失点でしたが吉見、川越、山徹、古谷はなかなかの出来でした。

・・・なんかちゃんと投げられる投手がいるとほっとしますね。
posted by sunrain at 17:55| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/26 オープン戦 対Fighters

いよいよオープン戦!相手はFighters。

打線は13安打と活発で新人の伊志嶺、小池にも初ヒットが出たんでいう事なしだったんですが、投手陣はイマイチどころか散々。

小林敦と大谷以外の3人はどうしようもなかったですね。

いくら相手がほぼベストメンバーっていっても不甲斐なさすぎ。

9回の猛攻で試合は盛り上がったんですが、メディア的には「佑ちゃん」一色。

細谷はせっかくいいバッティングだったのにあの一打席ですべて台無し。

全球ストレート?なわけねえだろうに。

ま、騒ぐのはいいけど竹原に打たれたとこもちゃんと流せって話でした。
posted by sunrain at 17:53| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

春季キャンプ終了。

春季キャンプが終了しました。

西岡が抜けたショート、今江の故障でチャンスがでてきたサード。そして伊志嶺の加入で最激戦区となったセンター。

野手の競争が活性化した一方で、宏之がいなくなって空きになった「抑え」はめどが立たず。

調整遅れのマクローリーはまともに投球ができずファーム調整が確定。

内もまだ投球練習を開始したばかり。

とりあえず伊藤、薮田を候補にオープン戦を見てきめることになりそうです。

26日からはいよいよオープン戦がスタート。

「お客さんがたくさん入って、その中でできるのはやりがいがある。若手は名前を売るチャンス」

しょっぱなは若手ががんばらないと。
posted by sunrain at 05:10| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

投打で明暗。

第5クール2日目。この日の練習試合は打線が大爆発。

打ちも打ったり、打たれも打たれたり。

あわせて35安打で26得点。

竹原、細谷が4安打、岡田も3安打を放つなど打者の方はいい競争ができているようですが、投手陣はボロボロ。

期待の新人・小林敦がサブローに満塁弾を浴びるなど2回8失点。

大嶺も相変わらず制球が定まらず2回3失点。

服部なんかは打たれるだけではすまず、「左肋間(ろっかん)筋挫傷」でチームから離脱してしまう始末。

「打者に向かっていく姿勢が足りない投手が何人かいた。まずは、そこからですよ」

「野手は意識が出ているけど、投手は足りない。必死さを出さないといけない。今日の投手たちはもっともっとアピールしなければ」

投手陣がこれだけ悪けりゃ、そりゃ監督の言葉も厳しくなりますわな。

やっぱり人的補償は必要なんじゃ・・・
posted by sunrain at 16:56| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

紅白戦第2戦。

紅白戦第2戦は唐川と吉見が先発。

唐川は2回を被安打1無失点、吉見は竹原にソロを打たれるも1失点に抑えました。

「シュート系のボールが試せたのでよかった。(右打者の)インコースを広げていけば、外角も有効になっていくと思う」

変化球をテーマにしていた唐川はシュートの習得に挑戦中。

投球の幅を広げることで一段も二段も上の投手にレベルアップしてほしいところ。

5回以降は試合が動き、青野、神戸がホームランを打てば岡田は内野安打2本、伊志嶺もタイムリーに盗塁と俊足ぶりをアピール。主力の井口、テギュン、福浦もタイムリーを放つなど順調そのもの。

貴重な左腕として期待される山本一も2回を無失点。

実戦を通して戦力をどこまで上積みできるか。オープン戦が楽しみです。
posted by sunrain at 16:11| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絞込み。

「最終調整に入っています。あと5日から1週間程度で結論を出します」

宏之の人的補償調査もいよいよ大詰め。

対象を投手2人にまで絞った模様です。

ただ「うちの若い投手も悪くはないので、金銭の場合もある」ということで依然として金銭のみの可能も示唆。

実を取るか利をとるか。

ま、あまり期待しすぎないほうがいいのかもしれませんが。

もともと枠から漏れてる選手なんだし。
posted by sunrain at 16:10| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

初紅白戦。

第4クールも2日目、今キャンプ初となる紅白戦が行われました。

光原、小林という新戦力の2人が先発してそろって2回を無失点という上々のスタート。

新人ながら先発、中継ぎどちらでもできる即戦力としての期待がかかる小林敦。

「楽しむ余裕はなかった。死球は力んで直球が抜けてしまったんです」「前回のシート打撃と比べると緊張した。今日は50点くらい」と自己採点はやや辛目。とはいえ、先頭打者の清田に死球を与えるという厳しい立ち上がりながらも「右打者の外にいい球があったのが収穫」というように落ち着いた投球ができたようです。

打者では同じく新人の小池がこの試合唯一の得点となるタイムリーを含む2安打1打点。

「あそこまで飛ぶとは…。引きつけて腰の回転で打つことができた」「僕は陰でひっそりと頑張りたい」

1打席目にはライトへ大飛球を飛ばすなど当初から期待された守備面だけでなく、打撃の方も実戦向きで期待できそうです。コメントは控えめですが開幕メンバー入りへ幸先のいいスタートが切れたのでは。

他の選手では伊志嶺が盗塁を2度試みて1回成功とさっそく自慢の快速を披露し、守備でも好守を見せ、さすがはドラ1といったところ。

新人が順調にきている一方でショートへの転向にチャレンジしている荻野貴は苦戦中。

「やはり課題は守備です。8回を無事に終えられたことが収穫」「技術が足りません」と本人も自覚している守備のつたなさ。「85%程度」という右膝の具合がまだまだ気になるようです。

送球やグラブ捌き、足の運びなどまだまだブランクがあるのかもしれません。適性はあるはずなのでキャンプ、オープン戦を通して課題を一つ一つ克服していってほしいですね。

出遅れている今江の影響もあってひそかに注目を集めているサードには青野と細谷がチャレンジ。

ここもかなり熾烈な争いになりそうです。
posted by sunrain at 12:58| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

気になる選手。

「こちらが欲しいと思っていた選手はうまくプロテクトされていた。ただ気になる選手がいるので調査には行きます」

「スター選手はみんなプロテクトされていました。鳥谷も金本も、さすがに漏れてなかったね」

Tigers側から提出されたプロテクト名簿をもとに協議した結果、候補選手を「投手2人、野手1人」に絞り込んだようです。

鳥谷や金本がもれてたらいろいろ面白いことになったのに。ありえんけども。

宏之の人的補償はいったい誰になるのか?

ただでさえキャンプ期間中は話題に乏しいんだし、結局は金銭で解決ってのだけは勘弁してほしいもんです。
posted by sunrain at 15:14| Marines Fighting!2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。